母国語=感情的、外国語=合理的?

外国語を勉強すると、脳の働きを促進する。 学習によって、我々の考えは変わる。 よりクリエイティブでフレキシブルになる。 複雑な考えも、多言語話者にとっては簡単だ。 学習する際、記憶は鍛えられる。 たくさん勉強すればするほど、記憶はより機能する。 言語をいくつ学んだ人は、他のことも早く学べる。 そういった人は、ひとつのテーマをより長時間集中して熟考することができる。 そのため、問題を早く解決する。 多言語話者はまた、よりよい決断をすることができる。 しかし、どのように決断するかは言語による。 考えるときに使う言語が、決断に影響するのである。 心理学者たちはある研究のため、何人もの被験者を検査した。

被験者は全員、二カ国語話者だった。 母国語の他に、彼らはもうひとつ他の言語を話した。 被験者たちは質問に答えなければならなかった。 質問では、問題の解決法が取り扱われた。 被験者たちはその際、二つのオプションから決断しなくてはならなかった。 ひとつめのオプションは、他方よりも明らかにリスクが大きい。 被験者たちは質問に、両方の言語で答えた。 そして、彼らが言語を変えると、答えも変わったのである! 母国語を話すと、被験者はリスクを選択した。 しかし外国語では、確実な方法を選んだ。 この実験のあと、彼らはさらに賭けをしなければならなかった。 ここでもまた明らかな違いが示された。 外国語を使うと、彼らはより理性的だった。 研究者たちは、我々が外国語ではより集中していると推測する。 そのため、感情的に決断をせず、合理的になるのである・・・。