アメリカ先住民の言語

アメリカでは多くの異なる言語が話されている。 英語は北米で最重要言語だ。 南米ではスペイン語とポルトガル語が優勢である。 これらすべての言語は、ヨーロッパからアメリカへやってきた。 植民地化する前、そこでは他の言語が話されていた。 これらの言語はアメリカ先住民言語とよばれる。 それらは今日まで、まだきちんと救命はされていない。 この言語の多彩さはものすごい。 北米では約60の言語族が存在すると推測されている。 南米ではそれどころか150にものぼる。 それに加えて、まだ多くの孤立化した言語がある。 このすべてが非常に異なっているのである。 それらはほんのわずかな共通の構成しか示していない。

そのため、これらの言語を分類するのは難しい。 そこまで異なっているのは、アメリカの歴史に関係している。 アメリカは何段階にも及んで入植された。 最初の人間は10000年以上も前にアメリカへやってきた。 どの住民も彼らの言語を大陸へもってきた。 しかしもっともよく似通った先住民言語は、アジアの言語である。 アメリカの古い言語の状況は、どこでも似ているわけではない。 南米では多くの先住民言語が今日まだ生きている。 グアラニー語、ケチュア語などの言語は、100万ほどのアクティブな話者がいる。 それに対して北米では、多くの言語がほとんど消滅している。 北米先住民文化は、長いこと抑圧されていた。 そのために彼らの言語は消滅していったのだ。 しかしここ数十年来、それに対する関心は再び増えてきている。 言語にかかわり守っていこうというプログラムはたくさん存在する。 つまり、まだ未来はあるといえるだろう・・・。