ひとつの言語、たくさんの変種

我々がたったひとつの言語しか話さないとしても、我々は多くの言語を話す。 なぜなら、閉鎖的システムの言語はないからだ。 どの言語にも、たくさんの様々な次元が存在する。 言語は生きた構成である。 話者はいつも、会話の相手に合わせる。 そのため、人々は話す言語を変化させる。 この変種は様々な形を示す。 たとえば、どの言語にも歴史がある。 言語は変化してきた。そしてさらに変わっていく。 それは、年配の人が若者とは違う話し方をすることからもわかる。 ほとんどの言語にはまた方言もある。 方言話者はしかし、周りの環境に合わせられる。 決まった状況では彼らはスタンダードな言語を話す。

異なる社会的グループは、異なる言語をもつ。 若者言葉または狩猟者言葉がその例だ。 仕事ではほとんどの人は自宅と違う話し方をする。 多くの人は、仕事で専門言語を使う。 違いはまた、口頭と書式でもあらわれる。 話し言葉はたいてい書き言葉よりも簡単だ。 この違いは非常に大きい。 それは書き言葉が長いこと変化しない場合である。 話者はすると、言語を書くのに使うことをまず習わなければならない。 女性と男性の言語もよく区別される。 西洋社会ではこの違いは大きくない。 しかし女性が男性とまったく違った話し方をする国もある。 いくつかの文化では、礼儀が独自の言語形式をもつ。 つまり、話すことはまったく簡単ではない! 我々はその際、多くの異なる事柄に同時に注意しなければならない・・・。