言語族

地球上には、約70億人の人間がいる。 彼らは約7000の異なる言語を話す。 人間のように、言語も互いに親戚関係がある。 つまり、言語はひとつの共通の祖語から派生している。 しかし、完全に孤立している言語も存在する。 それらは小さな他の言語と遺伝子的に親戚関係にある。 たとえば、ヨーロッパではバスク語が孤立した言語とみなされている。 ほとんどの言語はしかし”両親”、”子ども”もしくは”兄弟”をもつ。 それらはひとつの特定の言語に属する。 どのくらい言語が似ているかは、比較によって認識される。 言語学者は今日では、約300の遺伝子的要素を挙げている。 それには、ひとつ以上の言語から成る180の言語族が属している。 残りは120の孤立した言語である。

もっとも大きな言語族は、印欧語だ。 印欧語は約280の言語を含む。 そこにはロマン言語、ゲルマン言語、そしてスラブ言語が属する。 それらの言語の話者は、すべての大陸上に30億人以上いる。 シナチベット語族はアジアで優勢である。 13億人以上の話者が存在している。 最重要なシナチベット語は中国語だ。 アフリカでは、3番目に大きな語族は現地語だ。 その普及地域にちなんで、ニジェール・コンゴと名づけられている。 それにはさらに約3億5000万の話者が属す。 この語族ではスワヒリ語が最重要言語だ。 ほとんどの場合、より近い親戚関係はより理解しあえるとされる。 親戚関係にある言語を話す人々は、互いにより理解しあう。 彼らは他の言語をかなり早く学ぶことができる。 ということで、言語を学ぼう-家族の集まりはいつでもいいものだ。