学問の言語

学問の言語は、自身のための言語である。 それは専門的な議論に使われる。 学術的発表でも使用される。 昔は、統一された学術言語が存在した。 ヨーロッパでは長い間ラテン語が学問を占有していた。 それに対して、今日では英語が学術言語となっている。 学術言語は専門言語だ。 それらは非常にたくさんの特殊な概念を含む。 最重要な指標は、規格化と形式化である。 学者たちが意識的にわかりづらく話しているという人たちもいる。 何かが複雑であれば、それは聡明であるように作用する。 しかし、真実に合わせるのが学問だ。 そのため、学問はニュートラルな言語を使うべきである。

修辞上の要素またはあいまいな言い回しは存在しない。 しかし、大げさなまでに複雑な言語の例は多く存在する。 そして複雑な言語は人を惹きつけるようである! 研究論文は、我々が難しい言語をより信頼するとしている。 被験者はいくつかの質問に答えた。 その際、彼らは複数の答えから選択した。 いくつかの答えはシンプルで、その他は複雑に表現されていた。 ほとんどの被験者は、複雑な答えを選んだ。 しかしこれらはまったくもって意味がない! 被験者たちは言語にまどわされた。 内容がくだらないにもかかわらず、彼らは形式に強い印象を受けたのである。 複雑に書くことはしかし、常に芸術ではない。 簡単な内容を複雑な言語にまとめることは、学習できる。 それに対して、難しい事柄を簡単に表現することはそう簡単ではない。 ときにはシンプルなことは本当に複雑だ・・・。