外国語は外国でよりよく学べる!

大人は言語を子どものようには簡単に学ぶことができない。 脳の発達は終わっている。 そのため、新しいネットワークをそう簡単に組み立てられないのである。 しかし、大人として言語を非常によく学ぶことはまだ可能である! そのためには、その言語が話されている国へ行かなくてはならない。 外国語は外国で特に効果的に学ばれる。 語学留学をしたことがある人なら、誰でも知っていることだ。 自然な環境では、新しい言語をずっと早く学ぶことができる。 ある新たな研究が、興味深い結論をだした。 人は外国では新しい言語を違ったように学ぶのである! 脳は外国語を母国語のように処理することができる。 研究者たちは長い間、異なる学習プロセスがあると信じてきた。 ある実験が、それを確定したかのようにみえた。

被験者のグループは考えだされた言語を学んだ。 一部の被験者は普通の語学の授業を受けた。 他の被験者は、外国の状況をシミュレートしたなかで学んだ。 これらの被験者たちは、見知らぬ環境に合わせなくてはならなかった。 彼らとコンタクトがあったすべての人は、新しい言語を話した。 つまり、このグループの被験者は、普通の語学学校生ではなかった。 彼らは話者の見知らぬコミュニティーに属していた。 そうして彼らは、新しい言語で早く助けになることを強要された。 しばらくたってから、被験者たちはテストをされた。 両方のグループが、新しい言語の知識を同じくらいよくもっていると示した。 彼らの脳はしかし外国語を違ったように処理していた! ”外国”で学んだグループは、目立った脳の活動を示していた。 彼らの脳は外国語の文法を母国語のように処理していた。 そこでは母国語でと同じメカニズムがみられた。 語学留学は、もっとも素晴らしく効果的な学習フォームだ!