ネガティブな単語は母国語に訳されない

読むとき、多言語話者は無意識に母国語に訳している。 これは自動的に起こり、読んでいる人は気づいていない。 脳は同時通訳者のように機能するといえるだろう。 しかしすべてを訳すわけではない! ある研究が、脳は内蔵フィルターをもっていることを示した。 このフィルターは、何が訳されるかを決定する。 そして、フィルターは決まった単語を無視しているかのようにみえる。 ネガティブな言葉は母国語に訳されないのである。 実験のために、研究者たちは中国語の母国語話者を選択した。 被験者たちは全員、英語を第二言語として話す。 被験者たちは複数の英語の単語を評価した。 これらの単語は異なる感情的内容をもつ。 ポジティブ、ネガティブ、そしてニュートラルな概念だ。

被験者たちが単語を読む間、彼らの脳が検査された。 つまり、研究者たちは脳の活動を測定した。 そうして彼らは、どのように脳が働いているかを知ることができた。 単語の翻訳の際には、決まったシグナルが発生する。 それは脳がアクティブであることを示している。 ネガティブな単語では、被験者たちは活動を示さなかった。 ポジティブまたはニュートラルな単語だけが訳されていた。 なぜそうなのかは、研究者たちにもまだわかっていない。 理論的には、脳はすべての単語を同じように処理するべきだ。 しかしこのフィルターがどの単語も点検していることはありえる。 二つ目の言語が読まれている間も、それが分析された。 単語がネガティブであると、記憶はブロックされる。 そうして母国語の単語に助けを求めることができなくなる。 人は非常に繊細に言葉に反応できる。 おそらく脳は人を感情的ショックから守りたいのであろう・・・。