アフリカの言語

アフリカでは非常にたくさんの異なる言語が話されている。 それほど多くの異なる言語が話される大陸は他にない。 アフリカの言語の多彩さは非常に印象深い。 約2000のアフリカの言語が存在すると推測される。 しかしこのすべての言語は似ていない! まったくその逆で、しばしばそれらはまったくもって異なっている! アフリカの言語は4つの異なる言語族に属している。 いくつかのアフリカの言語は世界中に独自の特徴をもっている。 たとえば、外国人が真似できない音がある。 アフリカでは国境が常に言語的境界とは限らない。 いくつかの地方では、非常に多くの異なる言語が話される。 たとえば、タンザニアでは4つすべての言語族からの言語が話されている。 アフリカの言語での例外は、アフリカーンス語がつくっている。

この言語は植民地時代に発生した。 当時、様々な大陸からの人々が出会った。 彼らはアフリカ、ヨーロッパ、アジアからきていた。 このコンタクト状況を通じて、新しい言語が発達した。 アフリカーンス語は多くの言語からの影響を示している。 しかしこの言語は、オランダ語ともっとも近い関係にある。 今日では、アフリカーンス語は南アフリカとナンビアで話される。 非常にめずらしいアフリカの言語は、太鼓の言語だ。 太鼓によって、基本的にはどのメッセージも送られる。 太鼓によって伝える言語は、トーン言語だ。 単語の意味または音節は、音の高さによる。 つまり、音は太鼓によって真似されなくてはならない。 太鼓の言語はアフリカで子どもも理解する。 そしてそれは非常に効率的だ・・・。 12kmまで太鼓の言語は聞こえるのである!