バイリンガルは聴力を高める

二つの言語を話す人は、よく聞くことができる。 彼らは異なる音を正確に区別できる。 この結果は、アメリカの研究が示した。 研究者たちは何人ものティーンエージャーをテストした。 被験者の一部は二カ国語で育った。 このティーンエージャーたちは英語とスペイン語を話す。 他の被験者たちは、英語しか話さない。 その若者たちは、特定の音節を聞かされた。 それは”da”。 それはどちらの言語にも属していない。 被験者たちはその音節をヘッドホンを介して聞いた。 その際に電極で脳の活動が測定された。 このテストのあと、ティーンエージャーたちはその音節をもう一度聞かされた。

しかし今度は多くの妨害音も聞こえている。 それは意味のない文を話す様々な声だった。 二カ国語のグループは音節に非常に強く反応した。 彼らの脳は、大きな活動を示した。 彼らは音節を妨害音ありでもなしでも正確に確認した。 一カ国語のグループではそれは成功しなかった。 彼らの聴力は、二カ国語の被験者ほど良くなかったのである。 この実験結果は研究者たちを驚かせた。 それまでは、音楽家が特に優れた聴力をもつことはわかっていた。 しかし二カ国語話者も聴力を鍛えているようだ。 二カ国語話者は常に異なる響きと対峙している。 それによって彼らの脳は新しい能力を発達させなければならなかった。 脳は、異なる言語的刺激を区別することを学ぶのである。 研究者たちは脳が言語知識にどう影響するかをテスト。 おそらく聴力も、あとから言語を学ぶと利益を得る・・・。