大きな文字、大きな感情

広告では多くの写真が表示されている。 写真は我々の特別な興味を呼び起こす。 我々はそれを、文字よりも長時間、より集中的にながめる。 それによって、我々は写真が表示されている広告を、よりよく思い出せる。 写真はまた、強い感情的反応を引き起こす。 写真は脳によってとても素早く認識される。 脳はすぐに、写真に何が載っているかを知る。 文字は写真とは違って機能する。 文字は抽象的なシンボルだ。 そのため、脳は文字にはゆっくり反応する。 脳はまず言葉の意味を理解しなければならない。 シンボルは言語脳によって訳されなければならないといえる。 しかし文字でもまた人は感情を呼び起こすことができる。

そのためには、テキストを単に大きく印刷しなくてはならない。 研究によって、大きな文字はまた大きな作用があると示されている。 大きな文字は、小さな文字より目立つだけではない。 それらはより強い感情的反応を発生させる。 それはポジティブな感情にもネガティブな感情にもいえる。 物の大きさは人にとってつねに重要だ。 危険には人は素早く反応しなくてはならない。 そして何かが大きいと、たいていそれはすでに非常に近くにある! 大きな写真が強い反応を起こすのは、当然である。 あまり明らかになっていないのは、我々がなぜ大きな文字にも反応するかである。 文字は本当は脳へのシグナルではない。 それにもかかわらず、大きな文字を見ると脳はより強い活動を示す。 学者たちにとっては、この結果は非常に興味深い。 それは文字が我々にとってどれほど大切になったかを示している。 脳はどうにかして文字に反応することを学んだのだ・・・。