中国の言語

中国語は世界中でもっとも話されている言語だ。 しかしたったひとつの中国語というのは存在しない。 複数の中国語が存在する。 それらはすべて、インドシナ語族に属している。 合計で約13億人が中国語を話す。 そのうち多数は中華人民共和国と台湾にいる。 中国語が少数である国も存在する。 最大の中国語は公用語として定められた中国語だ。 このスタンダード化された言語は、マンダリンともよばれる。 マンダリンは中華人民共和国の公用語だ。 他の中国語はしばしば方言と表現される。 台湾とシンガポールでもマンダリンは話されている。 マンダリンは8億5000万人の人の母国語である。

しかし中国語話者のほとんど全員がそれを理解する。 異なる方言の話者は、それを意思の疎通をするために使う。 すべての中国人は共通の文字を使う。 中国語の文字は4000から5000年前からある。 それによって、中国語は最長の文学的伝統を持つ。 アジアの他の文化も中国語の文字を取り入れている。 中国語の文字はアルファベットのシステムよりも難しい。 しかし口語としての中国語はそれほど複雑ではない。 文法は比較的はやく学べる。 そのため、学習者はまもなく進歩をすることができる。 そしてどんどん多くの人が中国語を学びたがっている! 外国語としては、どんどん重要になってきている。 そうこうするうちに、あちこちで中国語のコースが提供されている。 あなたも信頼しなさい! 中国語は未来の言語になるかもしれない・・・。