人工言語 エスペラント

英語は現在、最重要世界言語である。 英語ですべての人々は互いに理解しあうべきだ。 しかしその他の言語も、同じ目的を果たそうとしている。 たとえば、人工言語だ。 人工言語は意識的に発明され、広められている。 つまり、人工言語を構築するための計画がある。 人工言語では、異なる言語の要素が混合している。 それによって、人工言語は可能な限り多くの人々にとって学習可能となるはずだ。 つまり、どの人工言語の目標も、国際的コミュニケーションである。 最も有名な人工言語はエスペラントだ。 エスペラントは1887年にワルシャワで紹介された。 考案者は医者のルドヴィコ・ザメンホフ。 彼は不和の主な原因は、意思の疎通の問題にあるとみていた。

そのため、民族と民族をつなぐ言語を開発したいと考えた。 それによって、すべての人々は同等権利を持って互いに話すべきである。 彼のペンネームはドクター・エスペラント、”願う者”だった。 それは、どれだけ彼が自分の夢を信じていたかを示している。 全世界的な意思の疎通というアイディアはしかしもっと古い。 今日までに、たくさんの異なる人工言語が開発された。 それによって、寛容さや人権といった目標も結び付けられる。 エスペラントは今日、120カ国以上に話者がいる。 しかしエスペラントへの批判もある。 例えば、語彙の70%以上はロマン言語からの派生だ。 そしてエスペラントは明らかに印欧の影響が大きい。 話者は会議や協会で話し合う。 定期的に会合や講演もオーガナイズされている。 さて、エスペラントを話す気になりましたか? Ĉu vi parolas Esperanton? – Jes, mi parolas Esperanton tre bone!