赤ちゃんは文法規則を学べる

子どもは非常に早く成長する。 そして彼らはまた非常に早く学ぶ! どうやって子どもが学ぶかは、まだ究明されていない。 学習プロセスは自動的に進行する。 子どもは学んでいることに気づかない。 それにもかかわらず、彼らは毎日多くをできるようになる。 それは語学においても明らかだ。 最初の数カ月、赤ちゃんは叫ぶだけだ。 数カ月後に短い単語を話し始める。 単語から今度は文になる。 いつのまにか子どもは母国語を話す。 残念ながら成人の場合はそれは機能しない。 彼らは学習に本や他の教材を必要とする。

たとえば文法を、そうやってのみ学ぶことができる。 しかし赤ちゃんは4カ月で文法ができるようになる! 研究者たちはドイツ人の赤ちゃんに外国語の文法規則を教えた。 そのためにイタリア語の文章が読み上げられた。 これらの文章は特定の統語的構成を含んでいた。 赤ちゃんたちは正しい文章を約15分間聞かされた。 学習のあと、赤ちゃんたちは再び文章を聞いた。 しかし今回は、いくつかの文は正しくなかった。 赤ちゃんたちが文を聞いている間、脳波の測定が行われた。 そうして研究者たちは脳がどのように文章に反応するかを認識できた。 そして赤ちゃんたちは文によって異なる活動を示した! 彼らは文をほんの少ししか学ばなかったにもかかわらず、間違いを登録していた。 もちろん赤ちゃんはなぜいくつかの文が間違っているかは理解していない。 彼らは音韻上の型に合わせていた。 しかし言語を学ぶのにはそれは十分である-少なくとも赤ちゃんにとっては・・・。