スペインの言語

スペインの言語は国際語に属す。 3億8000万人以上にとって、スペイン語は母国語である。 さらにスペイン語を第二言語として話す人が大勢いる。 それによって、スペイン語は地球上で最も重要な言語の一つである。 すべてのロマン言語で最大でもある。 スペイン語話者は自らをespañol(スペイン人)またはcastellano(カスティーリャ人)とよぶ。 castellanoという概念は、スペインの言語がどこに根源をもつかを表している。 それはカスティーリャという領域の民族言語から発達した。 16世紀にはすでに、ほとんどのスペイン人はカスティーリャ語を話した。 今日ではespañolとcastellanoは同義語として使われている。 しかし彼らはひとつの政治的次元ももつ。 侵略と植民地化によって、スペイン語は広がっていった。 西アフリカとフィリピンでもスペイン語は話されている。

ほとんどのスペイン語話者はしかしアメリカに住んでいる。 中央および南アメリカではスペイン語は支配的言語だ。 しかし米国でもスペイン語話者の数は増えている。 約5000万人が米国でスペイン語を話す。 それはスペインでよりも多い! アメリカでのスペイン語は、ヨーロッパでのスペイン語と区別される。 この違いはとりわけ語彙と文法にある。 アメリカではたとえば、他の過去形が使われる。 語彙でも多くの違いがみられる。 いくつかの単語はアメリカにしかなく、他はそれに対してスペインにしかない。 しかしスペイン語はアメリカでも統一されていない。 アメリカのスペイン語には多くの異なるバリエーションがある。 英語に続いて、スペイン語は世界中でもっとも学ばれている言語だ。 そして比較的はやく学ぶことができる・・・。 あなたは何を待っているのか?- ¡Vamos!