ジェスチャーから言語へ

我々が話すまたは聞くとき、脳はすることがたくさんある。 脳は言語シグナルを処理しなくてはならない。 ジェスチャーとシンボルも言語的シグナルだ。 それらは人間の言語の前から存在していた。 いくつかの印は、すべての文化で理解される。 その他は学ばなければならない。 それらはそれ自体が理解しやすいものではない。 ジェスチャーとシンボルは言語のように処理される。 そしてそれらは同じ脳の領域で処理されるのである! ある新しい研究がそれを証明した。 研究者たちは複数の被験者をテストした。 これらの被験者たちは異なるビデオクリップを見せられた。 彼らがクリップを見ている間、脳の活動が測定された。

クリップの一部では、異なる物事が表現された。 それは動き、シンボル、言語によって表現された。 他の被験グループは他のビデオクリップを見せられた。 これらのビデオはナンセンスなクリップだった。 言語、ジェスチャー、シンボルは存在しない。 それらは意味も持たない。 測定によって研究者は、何がどこで処理されているかをみた。 彼らは被験者の脳の活動を相互比較することができた。 意味のあるものはすべて、同じ領域で分析されていた。 この実験結果は非常に興味深い。 それは、脳が言語をどのように新たに学んだかを示している。 人はまずジェスチャーによってコミュニケーションをとる。 あとから彼は言語を発達させる。 つまり脳は言語をジェスチャーのように処理することを学ばなければならなかった。 そして明らかに古いバージョンを単に更新していた・・・。