脳はどのように文法を学ぶのか?

我々は赤ちゃんのときに母国語を学び始める。 それは自動的に起こる。 我々はそれに気づかない。 しかし脳は学習の際に多くのことをこなさなければならない。 たとえば文法を学べば、脳は多くの仕事をする。 脳は毎日新たな物事を聞く。 継続的に新しい刺激を受ける。 しかし脳はどの刺激もひとつひとつ処理できるわけではない。 それは経済的に行動しなくてはならない。 そのため、定期的なことに合わせるようになる。 脳は何をひんぱんに聞くかに気づく。 ある特定のことがどのくらいひんぱんに起こるかを登録する。 そこから脳は文法的規則をつくる。

子どもは、文が正しいか間違っているかを知っている。 しかし彼らはなぜそうなのかはわからない。 彼らの脳は、学ぶことなく規則を知っている。 大人は言語をそれとは違って学ぶ。 彼らは母国語の構成をすでに知っている。 これが新たな文法的規則の基礎をつくる。 しかし大人は学習するために授業が必要だ。 脳が文法を学ぶとき、固定化されたシステムがある。 たとえばそれは名刺と動詞で明白になる。 それらは脳の異なる領域に保存される。 その処理の際、異なる領域が活発になる。 シンプルな規則も、複雑な規則とは違うように学ばれる。 複雑な規則では、複数の脳の領域が一緒に働く。 脳がどの程度正確に文法を学ぶかは、まだ究明されていない。 しかし、脳が理論的にはどの文法も学べることはわかっている・・・。