どのように二カ国語を同時に学ぶのか

今日では、外国語はどんどん重要になっている。 多くの人はひとつの外国語を学ぶ。 しかし世界にはたくさんの面白い外国語がある。 そのため、一部の人達は複数の言語を同時に勉強する。 子どもが二カ国語で育つと、それはほとんど問題がない。 彼らの脳は言語を自動的に学ぶ。 彼らが大きくなると、何がどの言語に属するかわかってくる。 バイリンガルは、両言語の典型的な特徴を知っている。 大人では違ってくる。 彼らは二つの言語をそう簡単には並行して学べない。 二つの言語を同時に学ぶ人は、いくつかの規則に注意すべきだ。 まず大切なのは、両方の言語を相互比較することだ。 同言語族に属する言語はたいてい非常によく似ている。

それは混同を招くことがある。 そのため、両言語を正確に分析することの意味は大きい。 たとえば、リストを書くことだ。 そこには共通項と違いを書き込む。 そのため脳は集中的に両言語に取り組まなければならない。 脳は何が両言語の特徴であるかをよりよく見分ける。 どの言語にも、それぞれ独自の色とファイルを選択すべきだ。 それは言語を明確に切り離すのに役立つ。 異なる言語を学ぶときには、それは変わってくる。 非常に違いのある言語では、混同の危険性はない。 ここでは言語を相互比較する危険がある! しかしより良いのは、言語を母国語と比較することだ。 脳がコントラストを見分ければ、より効果的に学べる。 大切なのはまた、両言語を同時に集中的に学ぶことだ。 しかし論理的には、脳にとってはいくつの言語を学ぶかはどうでもいいことだ・・・。