若者は年配の人とは違った学び方をする

子どもは言語を比較的早く学ぶ。 大人ではほとんどの場合もっと長くかかる。 しかし子どもは大人よりよく学べるわけではない。 彼らは大人とは違うように学ぶだけだ。 言語の学習では脳は特に大きな働きをする。 脳はいくつものことを並行して学ばなければならない。 一つの言語を学ぶとき、それについて熟考するだけでは足りない。 新しい言葉を発音することも学ばなければならない。 そのために発声器官は新しい動きを学ばなければならない。 脳はまた、新しいシチュエーションに反応することを学ばなければならない。 外国語でコミュニケーションをとるのは試練でもある。 しかし大人はどの年齢でも違う。 20または30歳では、人間はまだ学習のルーティーンをもつ。

学校や大学はまだそれほど前のことではない。 脳はそのためによく鍛錬されている。 そのため、外国語を非常に高いレベルで学ぶことができる。 40~50代ではすでに多くを学んでいる。 脳はこの経験から利点を得る。 新しい内容は古い知識とうまく組み合わされる。 この年齢では、すでに知っていることをもっともよく学ぶ。 それはたとえば、昔勉強した言語と似ている言語だ。 60歳または70歳になると、たいていの人には時間がたくさんある。 彼らはひんぱんに練習問題を解くことができる。 それは言語においては特に大切だ。 年配の人はたとえば外国語の文字をとくによく勉強できる。 しかし成果のある学習は、どんな年齢でも可能だ。 脳はまた、思春期後には新しい神経細胞をつくる。 そして脳はまたそれを好んでおこなう・・・。