より高い集中力=より高い学習力

勉強するとき、我々は集中しなくてはならない。 すべての注意はひとつのことに向けられなければならない。 集中力という能力は、生まれもってのものではない。 我々はまず、集中することを学ばなければならないのだ。 それはたいてい幼稚園か学校で起こる。 6歳で子どもは約15分間集中することができる。 14歳の少年少女になると、その倍の時間集中できるようになる。 大人の集中力は、約45分続く。 ある決まった時間が過ぎると、集中は途切れる。 学習者たちはすると、学習材料への興味を失う。 また、彼らが疲れるもしくはストレスがたまるということもある。 それによって、学習は難しくなる。 記憶は学習材料をよく覚えておくことができなくなる。

しかし、集中力を高めることはできる! 非常に重要なのは、勉強する前にじゅうぶん睡眠をとっていることだ。 疲れている人は、短時間しか集中できない。 疲れていると、脳がミスをする。 また、感情にも集中力が影響する。 効率的に学びたい人は、ニュートラルな感情状態でなければいけない。 ポジティブまたはネガティブな感情が大きすぎると、学習成果を妨げる。 もちろん、感情を常にコントロールすることはできない。 しかし、学習の際にそれを無視することはできる。 集中していたい人は、モチベーションがなくてはならない。 学習するとき、いつも目標を目の前に持たなければならない。 そうすれば、脳は集中する準備ができる。 高い集中力のためには、静かな環境も大切だ。 そして、学習の際には水をたくさん飲むべきだ。それによって覚醒を保てる・・・。 これらすべてを注意する人は、長時間集中していられる!