日本語 » ベラルーシ語   何かをしなければならない


72 [七十二]

何かをしなければならない

-

72 [семдзесят два]
72 [semdzesyat dva]

штосьці мусіць
shtos’tsі musіts’

72 [七十二]

何かをしなければならない

-

72 [семдзесят два]
72 [semdzesyat dva]

штосьці мусіць
shtos’tsі musіts’

クリックしてテキストを見てください:   
日本語беларуская
必然/必要 му----
m-----’
手紙を 発送 しなければ ならない 。 Я м--- а-------- л---.
Y- m---- a--------- l---.
ホテルの 支払いを しなければ ならない 。 Я м--- з-------- з- г--------.
Y- m---- z---------- z- g----------.
   
あなたは 早起き しなければ ならない 。 Ты м---- р--- ў-----.
T- m----- r--- u------.
あなたは たくさん 働かなければ ならない 。 Ты м---- ш--- п--------.
T- m----- s---- p----------.
あなたは 時間を 守らなければ ならない 。 Ты м---- п--------- с---------.
T- m----- p----------- s----------.
   
彼は ガソリンを 入れなければ ならない 。 Ён м----- з--------- п------.
E- m------ z----------- p------.
彼は 車を 修理 しなければ ならない 。 Ён м----- а------------ а---------.
E- m------ a------------- a---------.
彼は 洗車を しなければ ならない 。 Ён м----- п----- а---------.
E- m------ p------ a---------.
   
彼女は 買い物に 行かなければ ならない 。 Ян- м----- с------- п- п------.
Y--- m------ s--------- p- p------.
彼女は アパートを 掃除 しなければ ならない 。 Ян- м----- п-------- ў к------.
Y--- m------ p---------- u k------.
彼女は 洗濯物を 洗濯 しなければ ならない 。 Ян- м----- п----- б------.
Y--- m------ p------ b-------.
   
私達は もう 学校に 行かなければ ならない 。 Мы м---- з---- ж- і--- ў ш----.
M- m---- z---- z-- і---- u s-----.
私達は もう 仕事に 行かなければ ならない 。 Мы м---- з---- ж- і--- н- п----.
M- m---- z---- z-- і---- n- p-----.
私達は もう 医者に 行かなければ ならない 。 Мы м---- з---- ж- і--- д- д------.
M- m---- z---- z-- і---- d- d------.
   
あなた達は バスを 待たなければ いけない 。 Вы м----- ч----- а------.
V- m------ c------- a------.
あなた達は 列車を 待たなければ いけない 。 Вы м----- ч----- ц-----.
V- m------ c------- t-------.
あなた達は タクシーを 待たなければ いけない 。 Вы м----- ч----- т----.
V- m------ c------- t----.
   

なぜ様々な言語が存在するのか?

世界中には6000以上の言語が存在する。 そのため、我々は通訳と翻訳家を必要とする。 もうずっと昔には、すべての人がまだ同じ言語を話していた。 しかしそれは、人間が移住を始めてから変わった。 彼らは故郷アフリカを去り、地球上で広がっていった。 この空間的分離はまた、言語的分離をもたらした。 なぜなら、どの民族も独自のコミュニケーション形式を発展させていったからだ。 共通の祖語から多くの異なる言語がうまれた。 しかし人々は長い間一カ所にとどまることはなかった。 そうして言語はどんどん分裂していった。 そしていつのまにか、共通の根源が認識できなくなった。 また、何世紀以上も孤立して生活した民族もなかった。 他の民族とのコンタクトは常にあった。

それが言語を変えていった。 言語は他の言語からの要素を受け入れ、または混合した。 そうして言語の再発展は終わることがなかった。 移住とコンタクトが、言語の数の多さを説明している。 しかしなぜ言語がこうも異なっているのかは、別の問題だ。 どの発達の歴史も、決まった規則にそっている。 話すことが話すことであるように、理由があるはずだ。 この理由に学者たちは長いこと関心を持っている。 彼らはなぜ言語が違ったように発展していったかを知りたがっている。 それを救命するためには、言語の歴史をおわなければならない。 そうして何がいつ変化したのかを知ることができる。 言語の発達に何が影響したかは、まだわからない。 しかし生物学的よりも文化的要因が重要であるようだ。 つまり、民族の歴史が彼らの言語を形作ったということである。 言語は明らかに、我々が思う以上のことを語っている・・・。
言語を当ててください!
_______はインド・アーリア語族に属します。 北および中央インドのほとんどで話されます。 _______は、とりわけパキスタンで話されるウルドゥー語と近い親戚関係にあります。 基本的にはどちらの言語もほぼ同一です。 本質的な違いは文字にあります。 _______は、梵字で書かれます。 それに対して、ウルドゥー語はアラビア文字を使用します。

_______の特徴は多くの方言です。 国の大きさのため、方言は部分的には大きな違いがあります。 3億7000万人が_______を母国語としています。 さらに最低でもさらに1億5000万人が_______を第2言語として話します。 それによって、_______は世界で最も話されている言語に属します。 中国語に続く、第2位となります。 スペイン語、英語よりも多いのです! インドの影響は世界でも急速に高まっています!