日本語 » ボスニア語   道を尋ねる


40 [四十]

道を尋ねる

-

40 [četrdeset]

Pitati za put

40 [四十]

道を尋ねる

-

40 [četrdeset]

Pitati za put

クリックしてテキストを見てください:   
日本語bosanski
すみません! Iz------!
ちょっといいですか? Mo---- l- m- p-----?
この辺にいいレストランはありますか? Gd-- o---- i-- d---- r-------?
   
そこの角を左に行ってください。 Id--- l----- i-- u---.
それからしばらく真っ直ぐに行ってください。 Za--- i---- p---- j---- d-- p---.
それから100メートル右に行ってください。 Za--- i---- s------ m----- u-----.
   
バスでも行けます。 Mo---- t------ u---- a------.
市電でも行けます。 Mo---- t------ u---- t------.
私の後ろからついて来てもらってもいいです。 Mo---- t------ j---------- v----- z- m---.
   
サッカー場へはどうやっていけばいいですか? Ka-- d- d---- d- f--------- s-------?
橋を渡ってください。 Pr----- m---!
トンネルをくぐってください。 Vo---- k--- t----!
   
三つ目の信号まで行ってください。 Vo---- d- t----- s-------.
そこから一つ目の通りを右折してください。 Sk------ z---- u p--- u---- d----.
そのまま真っ直ぐ、交差点を渡ってください。 Za--- v----- p---- p---- s------- r---------.
   
すみません、空港へはどうやって行けばいいですか? Iz------- k--- d- d---- d- a--------?
地下鉄が一番簡単です。 Na------ j- d- u----- m----.
終点まで行ってください。 Vo---- s- j---------- d- z----- s------.
   

動物の言語

我々が伝えたいとき、我々の言語をつかう。 動物も独自の言語をもっている。 そして彼らはそれを、我々人間とまったく同じように使う。 つまり、彼らは情報交換のためにお互いに話している。 原則的には、どの種も決まった言語をもつ。 それどころか、シロアリでさえ互いに歓談する。 危険があると、彼らは身体を地面に叩きつける。 そうして彼らは互いに警告しあう。 他の動物は、敵が近づくと鳴く。 蜂は踊りながら互いに話す。 それによって彼らは、他の蜂にどこに何か食べるものがあるかを示す。 クジラは5000km離れたところまで聞こえる音を出す。 特別な歌によって、彼らは互いにコミュニケーションをとる。

象も異なった音声シグナルを発する。 しかし人間にはそれは聞こえない。 ほとんどの動物の言語は、非常に複雑だ。 それらは異なるシグナルのコンビネーションによってできている。 つまり、音声的、化学的、視覚的シグナルが使われる。 それ以外にも、動物は様々なジェスチャーをつかう。 ペットの言語は、人間はそうこうするうちに学んだ。 いつ犬が喜ぶのか、人間は分かる。 そしていつ猫が一人になりたいのかを見分ける。 しかし犬と猫はまったく違う言語を話す。 多くのシグナルはそれどころか、まったく逆の意味だ。 長い間、この両種は互いに好きでないと考えられてきた。 しかし彼らは単に、互いを間違って理解しているだけである。 それが犬と猫の間の問題になる。 ようするに、動物も誤解によってケンカをするということだ・・・・・・。
言語を当ててください!
_______は約1200万人の母国語です。 その大部分が******と南東ヨーロッパの他の国で暮らしています。 _______は南スラブ言語族に属します。 クロアチア語、ボスニア語と近い関係にあります。 文法と語彙は互いによく似ています。 ******人、クロアチア人、ボスニア人は互いに問題なく理解できます。 _______のアルファベットは30文字あります。

そのそれぞれに明確な発音が割り当てられています。 強調する場合は並行して古い声調言語にもなります。 例えば、中国語では音節のトーンの高さによってその意味も変わります。 _______でも似ています。 しかしここでは強調された音節の高さのみが役割を持つのです。 強い屈折語構造が_______のさらなる特徴です。 つまり、名詞、動詞、形容詞、代名詞は常に活用します。 文法構造に興味がある人は、何が何でも_______を学ぶべきです!