日本語 » ギリシャ語   感情


56 [五十六]

感情

-

56 [πενήντα έξι]
56 [penḗnta éxi]

Συναισθήματα
Synaisthḗmata

56 [五十六]

感情

-

56 [πενήντα έξι]
56 [penḗnta éxi]

Συναισθήματα
Synaisthḗmata

クリックしてテキストを見てください:   
日本語ελληνικά
やる気が ある Έχ- ό----.
É--- ó----.
私達は やる気が あります 。 Έχ---- ό----.
É------ ó----.
私達は やる気が ありません 。 Δε- έ----- ό----.
D-- é------ ó----.
   
不安で ある Φο-----
P------i
不安 です 。 Φο-----.
P-------.
怖く ありません 。 Δε- φ------.
D-- p-------.
   
時間が ある Έχ- χ----
É--- c----o
彼は 時間が あります 。 (Α----) Έ--- χ----.
(A----) É---- c-----.
彼は 時間が ありません 。 (Α----) Δ-- έ--- χ----.
(A----) D-- é---- c-----.
   
退屈 する Βα------
B------i
彼女は 退屈 して います 。 (Α---) Β-------.
(A---) B-------.
彼女は 退屈 して いません 。 (Α---) Δ- β-------.
(A---) D- b-------.
   
おなかが すく Πε----
P----ō
おなかが すいて います か ? Πε------
P------?
おなかは すいて ないの です か ? Δε- π-------
D-- p------?
   
のどが 渇く Δι---
D----ō
彼らは のどが 渇いて います ね 。 Δι----.
D------.
彼らは のどが 渇いて いません 。 Δε- δ-----.
D-- d------.
   

秘密の言語

言語を介して我々は他の人に、自分が考え、感じることを伝えたい。 意思の疎通はそのため、言語の最も重要な課題だ。 しかし人間はときには他の皆からは理解されないことがある。 すると彼らは秘密の言語をつくりだす。 秘密の言語は何千年も人々をひきつけてきた。 たとえば、ジュリアス・シーザーは独自の秘密の言語をもっていた。 彼は暗号化されたメッセージを彼の帝国の全土に送った。 彼の敵はそのコード化されたメッセージを読むことができなかった。 秘密の言語は守られたコミュニケーションである。 秘密の言語を通じて、我々は自身と他人を区別する。 限定されたグループに属していることを示すのである。 なぜ我々が秘密の言語を使うのかには、様々な理由がある。 恋するものはいつの時代でも暗号化された手紙を書いてきた。

また、特定の労働グループは常に独自の言語を持っていた。 そのため、魔術師、泥棒、商人のための言語が存在する。 しかしほとんどの場合、秘密の言語は政治的目的に利用された。 ほとんどどの戦争においても、秘密の言語が開発された。 軍隊と秘密情報機関には、秘密言語のための独自のエキスパートがいた。 暗号に関する学問が、クリプトロジーだ。 近代のコードは、複雑な数式にもとづいている。 それらは解読が非常に難しい。 暗号化されていない言語なしには、我々の生活は考えられない。 今日ではあちこちで暗号化されたデータが存在する。 クレジットカードとメール-すべてコードによって機能している。 特に子どもたちは、秘密の言語を面白いと感じる。 彼らは友達と秘密のメッセージをやりとりすることを好む。 子どもの成長には、秘密の言語はそれどころか役立つ。 創造性と言語に対するフィーリングが養われるからである。
言語を当ててください!
_______は世界でも重要な言語に属します。 3億以上の人が20カ国以上で_______を話します。 何千年も前、このアフロアジア言語が生まれました。 はじめはアラブ半島でしか話されていませんでしたが、のちに広く伝わったのです。 話し言葉の_______は、標準_______とはかけ離れています。 方言も非常に多く存在します。 出身地域が異なると、互いにまったく理解しないことがよくあります。

古典的な標準アラブ語は、現在ではまったく話されていません。 とりわけ、書き言葉ではそうです。 _______への関心はここ何年かで急激に高まりました。 多くの人が、特に******文字を魅力的だと感じています。 ******文字は右から左へ書きます。 _______を勉強したい人は、決まった順番に気をつけなければなりません。 まずは発音、それから文法、そして文字。 この順番を守れば、確実に楽しく学べます。