日本語 » ギリシャ語   銀行で


60 [六十]

銀行で

-

60 [εξήντα]
60 [exínta]

Στην τράπεζα
Stin trápeza

60 [六十]

銀行で

-

60 [εξήντα]
60 [exínta]

Στην τράπεζα
Stin trápeza

クリックしてテキストを見てください:   
日本語ελληνικά
口座を開きたいのですが。 Θα ή---- ν- α----- έ--- λ---------.
T-- í----- n- a----- é--- l---------.
パスポートはこれです。 Ορ---- τ- δ--------- μ--.
O----- t- d--------- m--.
これが私の住所です。 Κα- α--- ε---- η δ-------- μ--.
K-- a--- e---- i d--------- m--.
   
口座に現金を入金したいのですが。 Θα ή---- ν- κ------- χ------ σ--- λ--------- μ--.
T-- í----- n- k-------- c------- s--- l--------- m--.
口座から現金を下ろしたいのですが。 Θα ή---- ν- κ--- α------ α-- τ-- λ--------- μ--.
T-- í----- n- k--- a------- a-- t-- l--------- m--.
口座明細書をお願いします。 Θα ή---- ν- κ--- ε-------- τ-- λ---------- μ--.
T-- í----- n- k--- e-------- t-- l---------- m--.
   
トラベラーズチェックを換金したいのですが。 Θα ή---- ν- ε--------- μ-- τ---------- ε------.
T-- í----- n- e--------- m-- t---------- e------.
手数料はいくらですか? Πό-- ε---- η ε----------
P--- e---- i e---------?
どこにサインすればいいですか? Πο- π----- ν- υ--------
P-- p----- n- y--------?
   
ドイツからの送金を待っています。 Πε------ έ-- έ------ α-- Γ-------.
P------- é-- é------ a-- G-------.
これが私の口座番号です。 Ορ---- ο α------ τ-- λ---------- μ--.
O----- o a------- t-- l---------- m--.
入金はありましたか? Έχ--- έ---- τ- χ-------
É----- é----- t- c-------?
   
これを両替したいのですが。 Θα ή---- σ---------.
T-- í----- s---------.
米ドルが要ります。 Χρ-------- δ------ Α-------.
C---------- d------ A-------.
小額紙幣でお願いします。 Πα------ δ---- μ-- μ---- χ-------------.
P------- d---- m-- m---- c--------------.
   
ATMはここにありますか? Υπ----- ε-- μ------- α-------- α--------
Y------- e-- m-------- a-------- a--------?
引き出し限度額はいくらですか? Πό-- χ------ μ----- ν- β----- κ------
P--- c------- b---- n- v----- k-----?
どのクレジットカードが使えますか? Πο--- π--------- κ----- μ----- ν- χ------------- κ------
P---- p--------- k----- b---- n- c-------------- k-----?
   

全世界的な文法は存在する?

言語を学ぶとき、その文法も勉強する。 母国語を学ぶ子どもにおいては、それは自動的に起こる。 彼らは脳が多くの規則を学んでいると気づかない。 それにもかかわらず、彼らは母国語を最初から正しく学ぶ。 多くの言語が存在すれば、文法も多く存在する。 しかし全世界的な文法は存在するのだろうか? この疑問には、長らく学者たちが取り組んでいる。 新たな研究がそれに対してひとつの答えを見出している。 脳科学者たちは、ある興味深い発見をしたのである。 彼らは被験者に文法の規則を学ばせた。 これらの被験者は語学学校生だった。 彼らは日本語かイタリア語を学んだ。 半分の文法規則は、勝手に考えだされた。

被験者はしかしそのことを知らなかった。 学習したあと、彼らは文を発表した。 被験者たちは、その文が正しいかどうか判断しなければならなかった。 彼らが課題を解いている間、脳が分析された。 研究者たちは脳の活動を測ったのである。 そうして彼らは、どのように脳が文章に反応するかをテストすることができた。 そして、脳は文法を認識しているかのようだった! 言語の処理の際、特定の脳の部分がアクティブになっている。 それにはブローカ野も属している。 ブローカ野は左の大脳の中にある。 生徒たちが本当の規則を処理すると、ブローカ野がアクティブになった。 それに対して、勝手に考えられた規則のときには、活動は明らかに減った。 つまり、すべての文法は同じベースをもっているということだ。 それらはすべて、同じ原則にもとづいている。 そしてこの原則は我々にとって、生まれついてのものだ・・・。
言語を当ててください!
_______は世界でも最多の話者がいる言語です。 しかし唯一の_______はなく、多くの_______が存在します。 それらはすべてシナチベット語の親戚になります。 合計で約13億人が_______を話します。 そのうちの多数は中華人民共和国と台湾に住んでいます。 最大の_______はマンダリン(北京語)と呼ばれる標準_______です。 中華人民共和国の公用語としては、8億5000万人の母国語になります。

その他の_______はしばしば単なる方言として紹介されます。 北京語はほぼすべての_______話者が理解します。 すべての_______は4000~5000年の歴史を持つ共通の文字を使用します。 それによって、_______は最長の文学的伝統を持つことになります。 _______の文字はアルファベットのシステムより難しいです。 しかし文法は比較的早く学ぶことができ、すぐに進歩することができます。 そしてどんどん_______を学ぶ人は増えています・・・ あなたも_______が将来の言語だと信じてください!