日本語 » 英語 UK   駅で


33 [三十三]

駅で

-

+ 33 [thirty-three]

+ At the train station

33 [三十三]

駅で

-

33 [thirty-three]

At the train station

クリックしてテキストを見てください:   
日本語English UK
次の ベルリン行きの 列車は いつ です か ? Wh-- i- t-- n--- t---- t- B-----? +
次の パリ行きの 列車は いつ です か ? Wh-- i- t-- n--- t---- t- P----? +
次の ロンドン行きの 列車は いつ です か ? Wh-- i- t-- n--- t---- t- L-----? +
   
ワルシャワ行きの 列車は 何時発 です か ? Wh-- d--- t-- t---- f-- W----- l----? +
ストックホルム行きの 列車は 何時発 です か ? Wh-- d--- t-- t---- f-- S-------- l----? +
ブダペスト行きの 列車は 何時発 です か ? Wh-- d--- t-- t---- f-- B------- l----? +
   
マドリッドまで 一枚 お願い します 。 I’- l--- a t----- t- M-----. +
プラハまで 一枚 お願い します 。 I’- l--- a t----- t- P-----. +
ベルンまで 一枚 お願い します 。 I’- l--- a t----- t- B---. +
   
列車は 何時に ウィーンに 着きます か ? Wh-- d--- t-- t---- a----- i- V-----? +
列車は 何時に モスクワに 着きます か ? Wh-- d--- t-- t---- a----- i- M-----? +
列車は 何時に アムステルダムに 着きます か ? Wh-- d--- t-- t---- a----- i- A--------? +
   
乗り換えは あります か ? Do I h--- t- c----- t-----? +
何番ホームから 発車 です か ? Fr-- w---- p------- d--- t-- t---- l----? +
寝台車は あります か ? Do-- t-- t---- h--- s-------? +
   
ブリュッセルまで 片道 お願い します 。 I’- l--- a o------ t----- t- B-------. +
コペンハーゲンまで 帰りの 切符を お願い します 。 I’- l--- a r----- t----- t- C---------. +
寝台車の 料金は いくら です か ? Wh-- d--- a b---- i- t-- s------ c---? +
   

言語の変遷

我々が生きる世界は、毎日のように変化している。 そのため、我々の言語も停滞はしていられない。 言語は我々とともにさらに発展し、ダイナミックだ。 この変遷は、言語のすべての分野にいえることである。 つまり、その変化は様々な視点に関連づけることができる。 音韻学的な変化は、言語の音声システムに関係する。 意味的な変化は、単語の意味を変える。 字句的な変化は、語彙の変化を意味する。 文法的変化は、文法の構造を変化させる。 言語的変化の理由は多彩だ。 よく挙げられるのは経済的理由である。 話し手や書き手は時間と労力を節約しようとする。 そのため、彼らは言語を簡素化するのである。

革命もまた、言語の変化を起こさせることがある。 たとえば、新しい物事が編み出された場合などだ。 これらの物事は名前を必要とし、そうして新しい単語が生まれる。 ほとんどの言語変遷は計画されたものではない。 それは自然なプロセスを経て、しばしば自動的に発生する。 話し手はしかし、ことばを意識的に変化させることができる。 それはある決まった作用を引き起こしたいときに行う。 外国語の影響もまた、言語変遷を促進する。 それは特にグローバル化の時代に明らかになっている。 とりわけ英語は他の言語に影響を与えている。 今日、ほとんどどの言語にも英語の単語がある。 それらはアングリチスムと呼ばれる。 言語の変遷は、アンティーク時代から批判または恐れられてきた。 その際、言語変遷はポジティブな印だ。 というのは、それは我々の言語が、我々と同じように生きていることを証明している!
言語を当ててください!
******ャ語はイラン言語族に属します。 とりわけイラン、アフガニスタン、タジキスタンで話されます。 しかし他の国でも重要な言語です。 ウズベキスタン、トルクメニスタン、バーレーン、イラク、インドです。 ******ャ語は約7000万人にとっての母国語です。 さらに5000万人が第2言語として話します。 地域ごとに違った方言が使われます。

イランではテヘラン方言が標準の話し言葉です。 しかし、それと並んで書き言葉の公的******ャ語を学ばなくてはなりません。 ******ャ語の文字システムはアラビア文字の変体です。 ******ャ語には冠詞はありません。 文法上の性も存在しません。 かつては******ャ語はオリエントで最も重要な共通語でした。 ******ャ語を学ぶ人は、すぐに魅力ある文化を見つけ出すことでしょう。 そして******ャの文学は世界でも最も意味がある文学に属しています・・・