日本語 » 英語 UK   読み書き


6 [六]

読み書き

-

6 [six]

Reading and writing

6 [六]

読み書き

-

6 [six]

Reading and writing

クリックしてテキストを見てください:   
日本語English UK
私は読みます。 I r---.
私は文字を読みます。 I r--- a l-----.
私は単語を読みます。 I r--- a w---.
   
私は文を読みます。 I r--- a s-------.
私は手紙を読みます。 I r--- a l-----.
私は本を読みます。 I r--- a b---.
   
私は読みます。 I r---.
あなたは読みます。 Yo- r---.
彼は読みます。 He r----.
   
私は書きます。 I w----.
私は文字を書きます。 I w---- a l----- / c--------.
私は単語を書きます。 I w---- a w---.
   
私は文を書きます。 I w---- a s-------.
私は手紙を書きます。 I w---- a l-----.
私は本を書きます。 I w---- a b---.
   
私は書きます。 I w----.
あなたは書きます。 Yo- w----.
彼は書きます。 He w-----.
   

インターナショナリズム

グローバル化は言語にもひるむことがない。 それはインターナショナリズム、つまり国際主義の増加においても明らかである。 インターナショナリズムは、複数の言語に存在する言葉だ。 その際、その言葉は同じもしくは似た意味を持つ。 発音は同じことが多い。 単語の正書法も非常によく似ていることがほとんどである。 興味深いのは、国際主義の普及だ。 その普及には境界がない。 地理学上の境界はない。 そして特に、言語学的境界もないのだ。 どの大陸でも理解される単語も存在する。 ”ホテル”という単語はよい例のひとつだ。 それはほとんど全世界に存在する。

多くの国際主義は学問からきている。 技術的な概念も世界的に早く広まる。 昔のインターナショナリズムには、共通の根源がある。 それらは同じ単語から発展していった。 しかし、ほとんどの場合は国際主義は借用語だ。 つまり、単語が他の言語に取り入れられるということだ。 その際、文化圏が重要な役割を果たす。 どの文明にも独自の伝統がある。 新たな発見はそのためにそこらじゅうで受け入れられるわけではない。 文化的基準が、どの物事が受け入れられるかを決定するのだ。 いくつかの事柄は、地球上の特定の部分にしか存在しない。 その他の物事は全世界で非常に早く広まっていく。 しかし、物事が普及した場合だけ、その名前も普及する。 まさにそれがインターナショナリズムを面白くさせるのである。 言語を発見すれば、常に文化も発見する。
言語を当ててください!
_______は世界でも最多の話者がいる言語です。 しかし唯一の_______はなく、多くの_______が存在します。 それらはすべてシナチベット語の親戚になります。 合計で約13億人が_______を話します。 そのうちの多数は中華人民共和国と台湾に住んでいます。 最大の_______はマンダリン(北京語)と呼ばれる標準_______です。 中華人民共和国の公用語としては、8億5000万人の母国語になります。

その他の_______はしばしば単なる方言として紹介されます。 北京語はほぼすべての_______話者が理解します。 すべての_______は4000~5000年の歴史を持つ共通の文字を使用します。 それによって、_______は最長の文学的伝統を持つことになります。 _______の文字はアルファベットのシステムより難しいです。 しかし文法は比較的早く学ぶことができ、すぐに進歩することができます。 そしてどんどん_______を学ぶ人は増えています・・・ あなたも_______が将来の言語だと信じてください!