日本語 » 英語 UK   所有代名詞 1


66 [六十六]

所有代名詞 1

-

66 [sixty-six]

Possessive pronouns 1

66 [六十六]

所有代名詞 1

-

66 [sixty-six]

Possessive pronouns 1

クリックしてテキストを見てください:   
日本語English UK
私―私の I – my
私の鍵が見つかりません。 I c---- f--- m- `----.
私の乗車券が見つかりません。 I c---- f--- m- t-----.
   
あなた―あなたの yo- – y--r
あなたの鍵は見つかりましたか? Ha-- y-- f---- y--- `----?
あなたの乗車券は見つかりましたか? Ha-- y-- f---- y--- t-----?
   
彼―彼の he – h-s
彼の鍵がどこだか知っていますか? Do y-- k--- w---- h-- `---- i-?
彼の乗車券がどこだか知っていますか? Do y-- k--- w---- h-- t----- i-?
   
彼女―彼女の sh- – h-r
彼女のお金がなくなってしまいました。  He- m---- i- g---.
彼女のクレジットカードもなくなりました。 An- h-- c----- c--- i- a--- g---.
   
私達ー私達の we – o-r
私達の祖父は病気です。 Ou- g---------- i- i--.
私達の祖母は健康です。 Ou- g---------- i- h------.
   
あなた達―あなた達の yo- – y--r
子供たち、あなた達のお父さんはどこ? Ch------- w---- i- y--- f-----?
子供たち、あなた達のお母さんはどこ? Ch------- w---- i- y--- m-----?
   

クリエイティブな言語

創造性は今日、ひとつの重要な要素だ。 だれでもクリエイティブでありたいと思う。 なぜなら、クリエイティブな人は頭脳明晰とみなされるからだ。 言語もクリエイティブであるべきだ。 昔は、人はできるだけ正確に話そうと心がけた。 今日では、できるだけクリエイティブに話せるべきである。 広告とニューメディアはそのひとつの例だ。 それらはどう言語と遊べるかを示している。 約50年前から、創造性の重要性はどんどん強まってきている。 それどころか、研究者たちはその現象に取り組んでいる。 心理学者、教育者、哲学者はクリエイティブなプロセスを研究している。 その際、創造性は新しいものをつくりだす能力と定義される。 クリエイティブな話者は、新しい言語形式をつくりだす。

それは単語や文法構造である。 言語学者はクリエイティブな言語に、どう言語が変化するかをみている。 しかしすべての人が新しい言語要素を理解するわけではない。 クリエイティブな言語を理解するためには、知識が必要だ。 どのように言語が機能するかを知っていなければならない。 そして話者が生きる世界を知らなければならない。 そうすることでしか、何を話者が言いたいのか理解することはできない。 ここでの例は、若者言葉だ。 子どもと若いものは、どんどん新しい概念をつくりだす。 大人はこれらの言葉をしばしば理解できない。 それどころか、そうこうするうちに若者言葉を説明する辞書まで出てきている。 しかしそれはほとんど一世代たてば古くなってしまう。 クリエイティブな言語はしかし習得可能だ。 先生たちはそのための異なるコースを提供している。 最重要な規則は常に、”内なる声を活性化しなさい!”
言語を当ててください!
_______はフィン・ウゴル語に属します。 つまりフィンランド語、ハンガリー語と親戚になります。 しかしハンガリー語と区別するのはとても難しいです。 多くの人は、_______がラトビア語またはリトアニア語と似ていると思っています。 しかしそれはまったくの間違いです。 というのは、この両言語はまったく違う言語族に属するからです。 _______には文法の性がありません。

女性形と男性形は区別されません。 そのため、14の異なるパターンがあります。 _______の正書法はそれほど難しくありません。 発音に従っています。 しかし、この言語は絶対に母国語者と勉強するべきです。 _______を学びたい人には、規律と忍耐が必要です。 ******人はしかし、外国人の小さなミスに気をつけたりしません。 彼らは_______に興味を持つどんな人のことも喜びます!