日本語 » 英語 UK   助詞の過去形1


87 [八十七]

助詞の過去形1

-

+ 87 [eighty-seven]

+ Past tense of modal verbs 1

87 [八十七]

助詞の過去形1

-

87 [eighty-seven]

Past tense of modal verbs 1

クリックしてテキストを見てください:   
日本語English UK
私達は 花に 水を やらねば なりません でした 。 We h-- t- w---- t-- f------. +
私達は アパートを 掃除せねば なりません でした 。 We h-- t- c---- t-- a--------. +
私達は 食器を 洗わねば なりません でした 。 We h-- t- w--- t-- d-----. +
   
君達は 請求書を 払わなくては ならなかった の ? Di- y-- h--- t- p-- t-- b---? +
君達は 入場料を 払わなくては ならなかった の ? Di- y-- h--- t- p-- a- e------- f--? +
君達は 罰金を 払わなくては ならなかった の ? Di- y-- h--- t- p-- a f---? +
   
別れを 告げねば ならなかった のは 誰です か ? Wh- h-- t- s-- g------? +
早く 家に 帰らねば ならなかった のは 誰です か ? Wh- h-- t- g- h--- e----? +
列車で 行かねば ならなかった のは 誰です か ? Wh- h-- t- t--- t-- t----? +
   
私達は あまり 長く とどまる つもりは ありません でした 。 We d-- n-- w--- t- s--- l---. +
私達は 何も 飲みたく ありません でした 。 We d-- n-- w--- t- d---- a-------. +
私達は 邪魔する つもりは ありません でした 。 We d-- n-- w--- t- d------ y--. +
   
ちょうど 電話を したかった ところ です 。 I j--- w----- t- m--- a c---. +
タクシーを 呼ぶ つもり でした 。 I j--- w----- t- c--- a t---. +
なぜなら 運転して 家に 帰りたかった ので 。 Ac------ I w----- t- d---- h---. +
   
あなたが 奥さんに 電話する ものだと 、 私は 思って いました 。 I t------ y-- w----- t- c--- y--- w---. +
あなたは 案内サ-ビスに 電話する ものだと 、 私は 思って いました 。 I t------ y-- w----- t- c--- i----------. +
あなたは ピザを 注文する つもり だと 、 私は 思って いました 。 I t------ y-- w----- t- o---- a p----. +
   

大きな文字、大きな感情

広告では多くの写真が表示されている。 写真は我々の特別な興味を呼び起こす。 我々はそれを、文字よりも長時間、より集中的にながめる。 それによって、我々は写真が表示されている広告を、よりよく思い出せる。 写真はまた、強い感情的反応を引き起こす。 写真は脳によってとても素早く認識される。 脳はすぐに、写真に何が載っているかを知る。 文字は写真とは違って機能する。 文字は抽象的なシンボルだ。 そのため、脳は文字にはゆっくり反応する。 脳はまず言葉の意味を理解しなければならない。 シンボルは言語脳によって訳されなければならないといえる。 しかし文字でもまた人は感情を呼び起こすことができる。

そのためには、テキストを単に大きく印刷しなくてはならない。 研究によって、大きな文字はまた大きな作用があると示されている。 大きな文字は、小さな文字より目立つだけではない。 それらはより強い感情的反応を発生させる。 それはポジティブな感情にもネガティブな感情にもいえる。 物の大きさは人にとってつねに重要だ。 危険には人は素早く反応しなくてはならない。 そして何かが大きいと、たいていそれはすでに非常に近くにある! 大きな写真が強い反応を起こすのは、当然である。 あまり明らかになっていないのは、我々がなぜ大きな文字にも反応するかである。 文字は本当は脳へのシグナルではない。 それにもかかわらず、大きな文字を見ると脳はより強い活動を示す。 学者たちにとっては、この結果は非常に興味深い。 それは文字が我々にとってどれほど大切になったかを示している。 脳はどうにかして文字に反応することを学んだのだ・・・。
言語を当ててください!
******ャ語はイラン言語族に属します。 とりわけイラン、アフガニスタン、タジキスタンで話されます。 しかし他の国でも重要な言語です。 ウズベキスタン、トルクメニスタン、バーレーン、イラク、インドです。 ******ャ語は約7000万人にとっての母国語です。 さらに5000万人が第2言語として話します。 地域ごとに違った方言が使われます。

イランではテヘラン方言が標準の話し言葉です。 しかし、それと並んで書き言葉の公的******ャ語を学ばなくてはなりません。 ******ャ語の文字システムはアラビア文字の変体です。 ******ャ語には冠詞はありません。 文法上の性も存在しません。 かつては******ャ語はオリエントで最も重要な共通語でした。 ******ャ語を学ぶ人は、すぐに魅力ある文化を見つけ出すことでしょう。 そして******ャの文学は世界でも最も意味がある文学に属しています・・・