日本語 » esperanto   季節と天気


16 [十六]

季節と天気

-

16 [dek ses]

Sezonoj kaj vetero

16 [十六]

季節と天気

-

16 [dek ses]

Sezonoj kaj vetero

クリックしてテキストを見てください:   
日本語esperanto
季節があります。 Je- l- s------:
春、夏、 La p--------- l- s-----,
秋、冬。 la a----- k-- l- v-----.
   
夏は暑いです。 La s----- e---- v------.
夏には太陽が照ります。 So---- l- s--- b-----.
私達は夏には好んで散歩に行きます。 So---- n- ŝ---- p------.
   
冬は寒いです。 La v----- e---- m-------.
冬には雪や雨が降ります。 Vi---- n---- a- p-----.
私達は冬は家にいるのが好きです。 Vi---- n- ŝ---- r---- h----.
   
寒いです。 Ma-------.
雨が降っています。 Pl----.
風が強いです。 Ve----.
   
暖かいです。 Va----.
日が照っています。 Su---.
よく晴れています。 Ga---.
   
今日の天気はどうですか? Ki- e---- l- v----- h-----?
今日は寒いです。 Ho---- m--------.
今日は暖かいです。 Ho---- v-----.
   

学習と感情

もしも私たちがひとつの外国語で歓談できたら喜ばしいことだ。 私たちは自分自身そして学習の進歩を誇りに思う。 それに対して成果がなければ、腹が立ったりがっかりする。 学習にはつまり、様々な感情が結びついている。 しかし新たな研究論文は、さらなる興味深い結果にたどりついている。 それらは、感情はすでに学習の最中にある役割を演じると示している。 というのは、私たちの感情は学習成果に影響を与えるからだ。 脳にとって、学習はいつもひとつの課題となる。 そしてこの課題を解きたいと思っている。 それがうまくいくかどうかは、私たちの感情によって左右される。 問題を解決できると信じれば、自信がでてくる。 この感情的な安定性が、学習の際に助けになるのである。 ポジディブな考えは、それによって私たちの知性的能力を促進する。

ストレスを抱えながらの学習はそれに対して明らかに進まない。 疑念や不安は良い成果の妨害になる。 特に不安を抱えているときはよく勉強できない。 そして脳は新しい内容をしっかりと保存できなくなる。 そのため、重要なのは学習するときにいつもモチベーションを保つことだ。 感情はようするに、学習に影響する。 しかし学習も私たちの脳に影響を及ぼす! 事実を整理する脳の構造は、感情もつかさどる。 学習は幸せを感じさせることができ、幸せな人ほどよく学習できる。 もちろん勉強はいつも楽しいわけではない。面倒なときもある。 そのため、私たちはいつも目標を設定すべきではない。 そうすれば脳を酷使することはない。 そして自身の期待を満たせると保証する。 私たちの成功はようするに、さらにモチベーションを上げる褒美だ。 つまり、勉強しなさい-そしてその際に微笑みなさい!
言語を当ててください!
ギリシャ語はインドヨーロッパ語族に属します。 しかし世界のどの言語とも本当に近い親戚関係にはありません。 混同してはいけないのが、現代ギリシャ語と古代ギリシャ語です。 古代ギリシャ語は今日なお多くの学校と大学で教えられています。 それはかつて、哲学と学問の言語でした。 古代に世界を旅した者は、古代ギリシャ語を共通語として使っていました。 現代ギリシャ語はそれに対して、今では約1300万人の母国語です。

それは古代ギリシャ語から発展しました。 正確にいつ現代ギリシャ語が生まれたのかは分かっていません。 しかし確かなのは、古代ギリシャ語よりも簡単だということです。 それでもなお、現代ギリシャ語では多くの古式のフォームが残っています。 現代ギリシャ語はまた、強い方言のない統一的な言語でもあります。 書かれるのはほぼ2500歳になるギリシャ文字です。 興味深いのは、ギリシャ語が最多語彙を持つ言語に数えられることです。 語彙を勉強するのが好きな人は、ギリシャ語を始めるべきです・・・