日本語 » suomi   接続詞3


96 [九十六]

接続詞3

-

96 [yhdeksänkymmentäkuusi]

Konjunktioita 3

96 [九十六]

接続詞3

-

96 [yhdeksänkymmentäkuusi]

Konjunktioita 3

クリックしてテキストを見てください:   
日本語suomi
目覚ましがなったらすぐに起きます。 No---- h---- k-- h----------- s--.
勉強しなければいけなくなるとすぐに眠くなってしまいます。 Vä--- h---- k-- p---- o--------.
60になったら退職します。 Lo----- t------ t-------- h--- k-- t----- 60.
   
いつ電話しますか? Mi----- s-------?
時間が出来次第すぐに。 He-- k-- m------ o- h---- a----.
彼は時間が出来次第電話してきます。 Hä- s------ h--- k-- h------ o- h----- a----.
   
あとどれぐらい働く予定ですか? Mi--- k---- t----- t----?
出来る限り働くつもりです。 Te-- t---- n--- k---- k--- p-----.
健康な限り働くつもりです。 Te-- t---- n--- k---- k--- o--- t----.
   
彼は働く代わりにベッドに横になっています。 Hä- m---- s------- s-- s------ e--- t----- t----.
彼女は料理する代わりに新聞を読んでいます。 Hä- l---- l----- s-- s------ e--- t----- r-----.
彼は家に帰る代わりに飲み屋にいます。 Hä- i---- k-------- s-- s------ e--- m----- k-----.
   
私の知る限り彼はここに住んでいます。 Mi---- t----- o------ h-- a--- t-----.
私の知る限り彼の奥さんは病気です。 Mi---- t----- o------ h---- v------- o- s-----.
私の知る限り彼は失業中です。 Mi---- t----- o------ h-- o- t-----.
   
寝過ごしました。そうでなければ時間に間に合ったのですが。 Nu---- p------- o----- m----- t----- a------.
バスに乗り遅れました。そうでなければ時間に間に合ったのですが。 My-------- b-------- o----- m----- o---- a------.
道がわからなかったです。そうでなければ時間に間に合ったのですが。 En l------- t----- o----- m----- o---- a------.
   

言語と数学

思考と言語は対になっている。 それらは互いに影響し合う。 言語的構成は、我々の思考の構成を刻み込む。 たとえば、いくつかの言語には数を表す言葉がない。 話者は数のコンセプトを理解しない。 数学と言語もまたなんとなく対になっている。 文法的そして数学的構成は似通っている事が多い。 一部の研究者たちは、それらが似たように処理されると信じている。 彼らは、言語中枢は数学の処理も担うと考えている。 その際、計算をすることが脳のサポートをしているのだろう。 しかし新たな研究は他の結論を出した。 それらは、脳が言語なしで数学を処理していると示した。 研究者たちは3人の男性を調査した。

この被験者たちの脳は傷ついていた。 そのため、言語中枢も破壊されていた。 男性たちは話すときに大きな問題を抱えていた。 彼らは簡単な文章ですらつくれなかった。 単語も彼らは理解できなかった。 言語テストのあと、男性たちは計算問題を解かされた。 この数学的パズルのいくつかは非常に複雑だった。 それにもかかわらず、被験者たちはこれを解いたのだ! この研究結果は非常に興味深い。 それは数学が言葉でコード化されていないことを示している。 もしかしたら、言語と数学は同じベースをもつのかもしれない。 両方とも同じ中枢で処理されている。 しかし数学は言語にまず訳されない。 おそらく言語と数学は、ともに発達するのだろう・・・。 脳が動かなくなれば、それらは今度は分離する!
言語を当ててください!
スロベニア語は南スラブ言語族に属します。 約200万人の母国語です。 彼らはスロベニア、クロアチア、セルビア、オーストリア、イタリア、ハンガリーで暮らしています。 スロベニア語はチェコ語とスロバキア語の多くの点で類似しています。 セルボクロアチア語からの影響も多々あります。 スロベニアは小さな国にもかかわらず、多くの異なる方言が存在します。 それは非常に変化に飛んだ歴史をその言語地域が顧みることに関係しています。

それは多くの外国語の概念を含む語彙でも示されています。 スロベニア語はラテン文字で書かれます。 文法は6つの格と3つの性を区別します。 発音では2つの公式な音韻組織が存在します。 このり2つは、高いトーンと低いトーンの間ではっきり区別されます。 さらなる特徴は、その古い構造にあります。 他の言語に対して、スロベニアは常にとてもオープンです。 彼らは自分たちの言語に興味を持たれれば持たれるほどととても喜びます!