日本語 » インドネシア語   スモール・トーク1


20 [二十]

スモール・トーク1

-

20 [dua puluh]

Percakapan Kecil 1

20 [二十]

スモール・トーク1

-

20 [dua puluh]

Percakapan Kecil 1

クリックしてテキストを見てください:   
日本語bahasa Indonesia
楽にしてください! Bu----- d--- A--- s------- m------!
自宅のつもりで、ゆっくりしてください! Ra----- s------ d- r---- s------!
飲み物は何にしますか? An-- i---- m---- a--?
   
音楽は好きですか? An-- s--- m----?
私はクラシックが好きです。 Sa-- s--- m---- k-----.
これが私のCDです。 In- s---- C- s---.
   
何か楽器を演奏しますか? Ap- A--- b------ a--- m----?
これが私のギターです。 In- g---- s---.
歌うのは好きですか? Ap---- A--- s--- b--------?
   
お子さんはいますか? Ap---- A--- p---- a---?
犬を飼っていますか? Ap---- A--- p---- a-----?
猫を飼っていますか? Ap---- A--- p---- k-----?
   
これは私の本です。 In- b-------- s---.
今、この本を読んでいます。 Sa-- s----- m------ b--- i--.
好きな読み物は何ですか? An-- s--- m------ a--?
   
コンサートに行くのは好きですか? An-- s--- p---- k- k-----?
劇場に行くのは好きですか? An-- s--- p---- k- t-----?
オペラを観るのは好きですか? An-- s--- p---- k- o----?
   

母国語?父国語!

あなたは子供の時、誰から言葉を習った? 間違いなく今あなたは言うだろう、母からだと。 世界のほとんどの人がそう考える。 母国語という概念は、ほぼすべての民族に存在する。 イギリス人も中国人も、その概念を知っている。 たぶん、母親は子どもとすごす時間が長いからだろう。 最近の研究はしかし違った結果を発表している。 それらの研究は、我々の言語はほとんどの場合は父親の言語だと示している。 研究者たちは、混合した民族の遺伝素質と言語を調査した。 そういった民族では、両親は異なる文化の出身だ。 この民族は一世紀ほど前にうまれた。 大きな民族移動がその理由だ。 この混合民族の遺伝素質は、遺伝子的に分析された。

それから民族の言語と比較された。 ほとんどの民族は、彼らの男性先祖の言語を話す。 つまり、国の言語はY染色体に属するということだ。 男性はようするに、彼らの言語を見知らぬ国へと持っていったのである。 そして女性たちはそこで、男性の新しい言語を取り入れたのだ。 しかし、今日でもまだ父親は我々の言語に大きな影響を与えている。 というのは、赤ちゃんは言語を学習するとき、父親の言語に合わせるからだ。 父親が子どもと話すのは明らかに少ない。 男性的文構造が女性的文構造より簡単である。 そのため、父親の言語は赤ちゃんにとってより適しているのだ。 赤ちゃんにとってそれは荷が重すぎず、より簡単に習得できる。 子供たちはそのために、話すときにはママよりもパパの真似をしたがる。 しかしあとになって、母親の語彙が子どもの言語に影響を与える。 つまりは母親も父親も我々の言語に影響している。 ということは、両親語と呼ぶべきだ!
言語を当ててください!
_______はロマン言語族に属します。 つまり、ラテン語から派生したということになります。 約7000万人にとって_______は母国語です。 その大部分が******で暮らしています。 しかしスロベニアとクロアチアでも_______は理解されます。 植民政策によって、かつてはアフリカにも伝わりました。 リビア、ソマリア、エリトリアでは現在でも多くの年配の人たちが_______を理解します。

多くの移住民もこの言語を新たな故郷に伝えました。 とりわけ南米には多くの_______の自治体が存在します。 _______はしばしばそこで、スペイン語と混ざり新しい言語を生み出しました。 _______の特徴は、多くの異なる方言です。 一部の学者はその際、それどころか独自の言語を話します。 _______の正書法は難しくなく、発音通りです。 多くの人にとって、_______は世界で最も美しい言語です! おそらく、音楽、デザイン、美味しい料理の言語でもあるからではないでしょうか?