日本語 » イタリア語   接続詞1


94 [九十四]

接続詞1

-

94 [novantaquattro]

Congiunzioni 1

94 [九十四]

接続詞1

-

94 [novantaquattro]

Congiunzioni 1

クリックしてテキストを見てください:   
日本語italiano
雨がやむまで、待って。 As----- f----- s----- d- p------.
私が終わるまで、待って。 As----- f----- h- f-----.
彼が戻ってくるまで、待って。 As----- f----- l-- t----.
   
髪が乾くまで待ちます。 As----- d- a---- i c------ a-------.
映画が終わるまで待ちます。 As----- c-- i- f--- s-- t--------.
信号が青に変わるまで待ちます。 As----- c-- i- s------- s-- v----.
   
あなたはいつ旅行に行くのですか? Qu---- v-- i- v------?
夏休み前? An---- p---- d---- v------ e-----?
ええ、夏休みが始まる前に。 Sì- p---- c-- c-------- l- v------ e-----.
   
冬が来る前に屋根を直して! Ri---- i- t---- p---- c-- c------ l--------.
テーブルにつく前に手を洗って! La---- l- m--- p---- d- s------ a t-----.
出て行く前に窓を閉めて! Ch---- l- f------- p---- d- u-----.
   
あなたはいつ家に帰ってくるのですか? Qu---- v---- a c---?
授業の後? Do-- l- l------?
ええ、次の授業が終わったら。 Sì- d--- c-- l- l------ s--- f-----.
   
事故の後、彼はもう仕事をすることが出来なかった。 Do-- l---------- n-- h- p-- p----- l-------.
彼は失業後、アメリカへ行った。 Do-- a--- p---- i- l----- è a----- i- A------.
アメリカへ行った後、彼はお金持ちになった。 Do-- e---- a----- i- A------ è d-------- r----.
   

どのように二カ国語を同時に学ぶのか

今日では、外国語はどんどん重要になっている。 多くの人はひとつの外国語を学ぶ。 しかし世界にはたくさんの面白い外国語がある。 そのため、一部の人達は複数の言語を同時に勉強する。 子どもが二カ国語で育つと、それはほとんど問題がない。 彼らの脳は言語を自動的に学ぶ。 彼らが大きくなると、何がどの言語に属するかわかってくる。 バイリンガルは、両言語の典型的な特徴を知っている。 大人では違ってくる。 彼らは二つの言語をそう簡単には並行して学べない。 二つの言語を同時に学ぶ人は、いくつかの規則に注意すべきだ。 まず大切なのは、両方の言語を相互比較することだ。 同言語族に属する言語はたいてい非常によく似ている。

それは混同を招くことがある。 そのため、両言語を正確に分析することの意味は大きい。 たとえば、リストを書くことだ。 そこには共通項と違いを書き込む。 そのため脳は集中的に両言語に取り組まなければならない。 脳は何が両言語の特徴であるかをよりよく見分ける。 どの言語にも、それぞれ独自の色とファイルを選択すべきだ。 それは言語を明確に切り離すのに役立つ。 異なる言語を学ぶときには、それは変わってくる。 非常に違いのある言語では、混同の危険性はない。 ここでは言語を相互比較する危険がある! しかしより良いのは、言語を母国語と比較することだ。 脳がコントラストを見分ければ、より効果的に学べる。 大切なのはまた、両言語を同時に集中的に学ぶことだ。 しかし論理的には、脳にとってはいくつの言語を学ぶかはどうでもいいことだ・・・。
言語を当ててください!
_______は約1200万人の母国語です。 その大部分が******と南東ヨーロッパの他の国で暮らしています。 _______は南スラブ言語族に属します。 クロアチア語、ボスニア語と近い関係にあります。 文法と語彙は互いによく似ています。 ******人、クロアチア人、ボスニア人は互いに問題なく理解できます。 _______のアルファベットは30文字あります。

そのそれぞれに明確な発音が割り当てられています。 強調する場合は並行して古い声調言語にもなります。 例えば、中国語では音節のトーンの高さによってその意味も変わります。 _______でも似ています。 しかしここでは強調された音節の高さのみが役割を持つのです。 強い屈折語構造が_______のさらなる特徴です。 つまり、名詞、動詞、形容詞、代名詞は常に活用します。 文法構造に興味がある人は、何が何でも_______を学ぶべきです!