日本語 » マラーティー語   否定形 2


65 [六十五]

否定形 2

-

६५ [पासष्ट]
65 [Pāsaṣṭa]

नकारात्मक वाक्य २
nakārātmaka vākya 2

65 [六十五]

否定形 2

-

६५ [पासष्ट]
65 [Pāsaṣṭa]

नकारात्मक वाक्य २
nakārātmaka vākya 2

クリックしてテキストを見てください:   
日本語मराठी
その 指輪は 高い です か ? अं--- म--- आ-- क-?
a------ m----- ā-- k-?
いいえ 、 たったの 100ユーロ です よ 。 ना--- त--- क---- फ--- श--- य--- आ--.
N---- t--- k------ p----- ś------- y--- ā--.
でも 50しか 持って いないん です 。 पण म-------- फ--- प----- आ---.
P--- m----------- p----- p------ ā----.
   
もう 終わりました か ? तु-- क-- आ----- क-?
T---- k--- ā------ k-?
いいえ 、 まだ です 。 ना--- अ--- न---.
N---- a---- n---.
でも もう じきに 終わり ます 。 मा-- क-- आ-- आ----- आ-- आ--.
M---- k--- ā-- ā-------- ā-- ā--.
   
スープを もっと いかが です か ? तु-- आ--- स-- प----- क-?
T--- ā----- s--- p----- k-?
いいえ 、 もう 結構 です 。 ना--- म-- आ--- न--.
N---- m--- ā----- n---.
でも アイスを お願い します 。 पण ए- आ------- म---- ज--- घ---.
P--- ē-- ā--------- m---- j----- g------.
   
もう ここに 住んで 長いの です か ? तू इ-- ख-- व---- र----- / र----- आ--- क-?
T- i--- k---- v---- r-----/ r----- ā---- k-?
いいえ 、 まだ一 ヶ月目 です 。 ना--- फ--- ग----- ए- म-----------.
N---- p----- g---- ē-- m-------------.
でも 既に いろんな 人たちと 知り合いに なりました 。 पण म- आ--- ख-- ल------ ओ----. / ओ----.
P--- m- ā----- k---- l------ ō-------. / Ō-------.
   
明日 、 家へ 運転して 帰ります か ? तू उ---- घ-- ज---- आ--- क-?
T- u--- g---- j----- ā---- k-?
いいえ 、 週末 です 。 ना--- फ--- आ---------- श----.
N---- p----- ā----------- ś-----.
でも 、 日曜には もう 戻って きます 。 पण म- र------ प-- य---- आ--.
P--- m- r------- p----- y----- ā--.
   
あなたの 娘は もう 大人です か ? तु-- म---- स----- आ-- क-?
T---- m----- s------ ā-- k-?
いいえ 、 まだ 17 です 。 ना--- त- फ--- स--- व------- आ--.
N---- t- p----- s----- v-------- ā--.
でも すでに ボーイフレンドが います 。 पण त--- ए- म---- आ--.
P--- t--- ē-- m---- ā--.
   

言葉は我々に何を語るか

世界中には、何百万冊もの本がある。 今日までに何冊が書かれたかはわからない。 この本の中には、多くの知識が保存されている。 もしもすべてを読むことができるなら、人生についての多くを知ることになる。 なぜなら、本は我々の世界がどう変化しているかを示すからだ。 どの時代にもその時代特有の本があった。 それらによって、何が人間にとって大切なのかを知ることができる。 残念ながら、すべての本を読むことは誰にもできない。 近代技術はしかし、本の研究の助けになる。 デジタル化によって本はデータとして保存されることができる。 それから、内容を分析する。 言語学者は、どのように言語が変化しているかをそのようにしてみている、 しかしもっと興味深いのは、単語の頻度を数えることだ。

それによって、特定のものの意味を見分けることが可能だ。 学者たちは500万冊以上の本を調査した。 それらは過去5世紀分の本だ。 合計で約5000億個の単語が分析された。 単語の頻度は、昔と今日、どのように人間が生活していたかを示す。 言語にはアイディアとトレンドが反映している。 たとえば、”男性たち”という単語は重要性を失った。 今日では、昔よりも使われることは少ない。 それに対して、”女性たち”という単語の頻度は明らかに増えている。 また、我々が何を好んで食べるかも単語にみることができる。 50年代では”アイスクリーム”が非常に重要だった。 そのあと”ピザ”と”パスタ”が流行した。 ここ数年では、”寿司”が独占的だ。 すべての言語の友にとって、よいニュースがある。 我々の言語には、毎年単語が増えている!
言語を当ててください!
_______は計画言語です。 計画言語というのは、意識的に開発され、改良され、つまり一つの計画を追ったものです。 その際、異なる言語の要素が混ぜられるのです。 計画言語は出来る限り多くの人にとって学べる言語でなくてはなりません。 _______は1887年に最初にワルシャワで紹介されました。 開発者は医者のルドヴィコ・ザメンホフ(別名:ドクター・_______、願う者)でした。 彼は不満の主な原因が理解度の問題にあると見ていました。

そのため、中立的で民族をつなげる言語を作り出したかったのです。 今日では_______は世界で最も有名な計画言語です。 _______が寛容さや人権よいった目的を結びつけているのです。 _______は印欧の強い影響を受けています。 語彙の大部分は、たとえばロマン言語に起源を持ちます。 120カ国以上で理解されています。 彼らは定期的に国際的学会で会います。 _______を学び、新しい友人を見つけましょう!