日本語 » オランダ語   飲み物


12 [十二]

飲み物

-

+ 12 [twaalf]

+ Dranken

12 [十二]

飲み物

-

12 [twaalf]

Dranken

クリックしてテキストを見てください:   
日本語Nederlands
私は 紅茶を 飲みます 。 Ik d---- t---. +
私は コーヒーを 飲みます 。 Ik d---- k-----. +
私は ミネラルウォーターを 飲みます 。 Ik d---- m------------. +
   
あなたは レモンティーを 飲む ? Dr--- j- t--- m-- c------? +
あなたは コーヒーに 砂糖を 入れて 飲む ? Dr--- j- k----- m-- s-----? +
あなたは 水に 氷を 入れて 飲む ? Dr--- j- w---- m-- i--? +
   
ここで パーティーが あります 。 Er i- h--- e-- f---- a-- d- g---. +
人々は シャンペンを 飲んで います 。 De m----- d------ c--------. +
人々は ワインと ビールを 飲んで います 。 De m----- d------ w--- e- b---. +
   
あなたは アルコールを 飲みます か ? Dr--- j- a------? +
あなたは ウィスキーを 飲みます か ? Dr--- j- w-----? +
あなたは ラム酒いり コーラを 飲みます か ? Dr--- j- c--- m-- r--? +
   
私は シャンペンは 好きでは ありません 。 Ik h--- n--- v-- c--------. +
私は ワインは 好きでは ありません 。 Ik h--- n--- v-- w---. +
私は ビールは 好きでは ありません 。 Ik h--- n--- v-- b---. +
   
赤ちゃんは ミルクが 好きです 。 De b--- h---- v-- m---. +
子供は ココアと りんごジュースが 好きです 。 He- k--- h---- v-- c------------ e- a-------. +
女性は オレンジジュースと グレープフルーツジュースが 好きです 。 De v---- h---- v-- s----------- e- g------------. +
   

言語としての合図

意思の疎通をするために、人間は言語を発展させた。 ろうあ者や難聴者も独自の言語をもっている。 それは、すべてのろうあ者の基本言語である手話だ。 手話は合図の組み合わせから成り立つ。 それによって視覚的な言語、つまり”可視”化する。 手話は国際的に理解されるのか? いや、合図にも異なる国籍言語が存在する。 各国にはそれぞれ独自の手話がある。 そしてそれはその国の文明開化に影響される。 なぜなら、言語は常に文化によって発展していくからだ。 それは口頭で話されない言語でも同様である。 しかし国際的な手話というのも存在する。 その合図はしかし少し複雑だ。

というのは、その国の手話と似ているからだ。 多くの合図は因習的である。 その合図が表す物体の形に基づいている。 最も広く知られた手話は、アメリカン・サイン・ランゲージだ。 手話は充足した言語として認められている。 独自の文法を手話はもつ。 しかしそれは、話し言葉の文法とは違う。 そのため、手話を単語ごとに訳すことはできない。 しかし手話通訳者も存在する。 手話で情報は並行して翻訳される。 それは、たったひとつの合図が全文を表現するという意味だ。 手話には方言もある。 地域的な特徴が独自の合図をもっている。 そしてどの手話にも独自のイントネーションと文のメロディーがある。 合図においても同様に、アクセントによって出身がばれてしまう!
言語を当ててください!
_______はフィン・ウゴル語に属します。 つまりフィンランド語、ハンガリー語と親戚になります。 しかしハンガリー語と区別するのはとても難しいです。 多くの人は、_______がラトビア語またはリトアニア語と似ていると思っています。 しかしそれはまったくの間違いです。 というのは、この両言語はまったく違う言語族に属するからです。 _______には文法の性がありません。

女性形と男性形は区別されません。 そのため、14の異なるパターンがあります。 _______の正書法はそれほど難しくありません。 発音に従っています。 しかし、この言語は絶対に母国語者と勉強するべきです。 _______を学びたい人には、規律と忍耐が必要です。 ******人はしかし、外国人の小さなミスに気をつけたりしません。 彼らは_______に興味を持つどんな人のことも喜びます!