日本語 » ポーランド語   所有代名詞 2


67 [六十七]

所有代名詞 2

-

67 [sześćdziesiąt siedem]

Zaimki dzierżawcze 2

67 [六十七]

所有代名詞 2

-

67 [sześćdziesiąt siedem]

Zaimki dzierżawcze 2

クリックしてテキストを見てください:   
日本語polski
眼鏡 ok----y
彼は彼の眼鏡を忘れました。 On z-------- s----- o-------.
彼の眼鏡はどこにあるのですか? Gd--- o- m- s---- o------?
   
時計 ze--r
彼の時計は壊れています。 Je-- z---- j--- z------.
時計が壁にかかっています。 Te- z---- w--- n- ś------.
   
パスポート pa-----t
彼は彼のパスポートを無くしました。 On z----- s--- p-------.
ではどこに彼のパスポートはあるのでしょう? Gd--- o- m- s--- p-------?
   
彼ら―彼らの on- / o-- – i-h
子供達は自分の両親を見つけられません。 Te d----- n-- m--- z------ s----- r-------.
でも、彼らの両親が来ましたよ! Pr------ t-- i-- j-- i-- r------!
   
あなたーあなたの pa- – p--a
ミィラーさん、旅行はいかがでしたか? Ja- m----- p--- p------ p---- M-----?
ミィラーさん、奥様はどこですか? Gd--- j--- p--- ż---- p---- M-----?
   
あなたーあなたの pa-- – p--i
スミスさん、旅行はいかがでしたか? Ja- m----- p--- p------ p--- S------?
スミスさん、ご主人はどこですか? Gd--- j--- p--- m--- p--- S------?
   

遺伝的突然変異が話すことを可能に

この世界のすべての生物のなかで、人間だけが話すことができる。 これが人間を動物、植物と区別している。 もちろん動物や植物も、相互にコミュニケーションをとっている。 しかし複雑な音節言語はもっていない。 しかしなぜ人間だけが話せるのだろうか? 話すためには、特定の器官が必要となる。 これらの身体的要素は、人間だけがもっている。 しかし、人間がそれらを発達させたのはもちろんのことだ。 発達の歴史においては、理由なく起こったことはひとつもない。 いつのまにか、人は話すことを始めた。 正確にいつのことだったのかはまだわかっていない。 しかし、人間に言葉を与えた何かが起こったにはちがいない。 研究者たちは、遺伝的突然変異のせいだと信じている。

人類学者は、異なる生物の遺伝素質を比較した。 ある特定の遺伝子が言語に影響するのは有名だ。 その遺伝子が傷ついている人は、話すことに問題が生じる。 彼らはうまく表現する事ができず、言葉をよく理解できない。 この遺伝子が人間、猿、ねずみにおいて調査された。 人間とチンパンジーでは非常によく似ていた。 たった二つだけの小さな違いが見られた。 しかしこの違いは脳内で目につく。 他の遺伝子とともに、それは特定の脳の活動に影響を与える。 それによって、人間は話せるが、猿は話せない。 しかし、人間の言語の謎はそれによってもまだ解くことができない。 なぜなら、遺伝子の突然変異だけでは、話せるために十分ではないからだ。 研究者たちは人間の遺伝子変種をねずみに移植した。 ねずみはしかしそれによっては話せなかった・・・。 しかし鳴き声は違った響きになった!
言語を当ててください!
_______は約500万人の母国語です。 フィン・ウゴル語に属します。 エストニア語と近く、ハンガリー語とはとても遠い親戚です。 ウラル語として、インドゲルマン言語とは大きく区別されます。 たとえば、付着的な言語構成です。 つまり、文法機能は付加的な音節によって表現されるのです。 それによって、_______では典型的な長い単語が生まれます。

_______のさらなる特徴は、母音の多さです。 _______の文法は15の異なる場合によって区別されます。 語勢は重要です。長い直音と短い直音は明確に区別されます。 書き言葉と話し言葉には明らかな違いがあります。 他のヨーロッパの言語ではこの現象はあまり強くありません。 _______ではすべてが簡単ではないのです。 全体の規則はしかし一貫して守られます。 そして_______のいいところは、とても論理的であるということです!