日本語 » ポルトガル語 BR   外出中に


37 [三十七]

外出中に

-

37 [trinta e sete]

No caminho

37 [三十七]

外出中に

-

37 [trinta e sete]

No caminho

クリックしてテキストを見てください:   
日本語português BR
彼はオートバイを運転します。 El- v-- d- m---.
彼は自転車に乗ります。 El- v-- d- b--------.
彼は歩きます。 El- v-- a p-.
   
彼は船で行きます。 El- v-- d- n----.
彼はボートで行きます。 El- v-- d- b----.
彼は泳ぎます。 El- v-- à n---.
   
ここは危険ですか? É p------- a---?
一人でヒッチハイクするのは危険ですか? É p------- p---- c----- s------?
夜中に散歩するのは危険ですか? É p------- p------ s------ à n----?
   
迷いました。 No- p------- n- c------.
道を間違えました。 Es----- n- c------ e-----.
引き返さなければいけません。 Te--- q-- v-----.
   
このあたりはどこに駐車できますか? On-- s- p--- e---------?
駐車場はありますか? Há u- p----- d- e------------- a---?
どのくらいここに駐車できますか? Qu---- t---- s- p--- e--------- a---?
   
スキーをしますか? Vo-- e-----?
スキーリフトで上へあがりますか? Vo-- u-- o t--------- p--- c---?
ここでスキーをレンタルできますか? Po----- a----- e----- a---?
   

独り言

もし誰かが一人で話していれば、聞いている人にとってはほとんどの場合がおかしなことだ。 しかしほとんどすべての人が定期的に独り言を話す。 心理学者は、成人の95%以上が独り言を話すとしている。 子供は遊ぶとき、ほとんどいつも自分自身と話している。 つまり、独り言はいたって普通のことである。 ここではコミュニケーションの特別な形式だけがとりあげられる。 そしてときどき自分と話すことは、多くの利点がある! というのは、話すことによって我々は自分の考えを整理する。 独り言は、我々の内なる声が出てくる瞬間なのである。 ようするに、大声での考察だと言える。 人間はぼんやりしているとき、特にひんぱんに独り言をいう。 その場合、脳内の決まった部分はそれほどアクティブではない。 そのため、あまり整理がされていない。

しかし自分自身と話すことで、計画的な行動の支えとなる。 独り言はまた、決定を下す助けにもなる。 そしてそれは、ストレス解消にとても良い方法だ。 独り言は集中力を促進し、さらに効率をあげる。 というのは、何かを発音するというのは、考えるだけよりも長くかかるからだ。 我々は話すとき、考えをよりよく知覚する。 自分と話しながらやれば、難しいテストもよく解ける。 それは様々な実験が示している。 独り言によって我々は勇気を出すこともできる。 多くのスポーツ選手は、モチベーションを高めるために独り言をいう。 残念ながら、我々はほとんどの場合、ネガティブな状況で自分と話す。 そのため、いつもすべてをポジティブに表現するよう心がけるべきだ。 そして願い事をひんぱんに繰り返さなければならない。 そうして話すことによって、我々は行動にポジティブな影響を与えることができる。 しかし、それは現実的に留まるときのみ機能する!
言語を当ててください!
_______は東ロマンス語族に属します。 これは約2800万人の母国語です。 彼らは主に******とモルドバに暮らしています。 _______はモルドバ共和国の公用語です。 しかしセルビアとウクライナにも大きな_______圏のコミュニティーがあります。 _______はラテン語から発生しました。 ローマ人はかつて、ドナウ周辺の2つの地域で暮らしていました。

_______に最も近いのはイタリア語です。 ******人はそのため、イタリア人とかなりよく理解し合うことができます。 その逆は常ではありません。 それは、_______が多くのスラブの単語を含んでいるからです。 音韻組織も隣国であるスラブ語圏の影響を受けています。 ******のアルファベットにはそのため、いくつかの特別な文字があります。 _______は発音されるとおりに書かれます。 そしていまだに非常に古いラテン語の構造との類似点が多く見られます・・・ しかし、まさにそれがこの言語をそれほど面白くしているのです!