日本語 » ロシア語   副文


93 [九十三]

副文

-

+ 93 [девяносто три]93 [devyanosto tri]

+ Подчиненные предложения с лиPodchinennyye predlozheniya s li

93 [九十三]

副文

-

93 [девяносто три]
93 [devyanosto tri]

Подчиненные предложения с ли
Podchinennyye predlozheniya s li

クリックしてテキストを見てください:   
日本語русский
彼が 私を 愛して いるのか わからない 。 Я н- з---- л---- л- о- м---.
Y- n- z----- l----- l- o- m----.
+
彼が 戻って くるのか わからない 。 Я н- з---- в------- л- о-.
Y- n- z----- v-------- l- o-.
+
彼が 電話して くるのか わからない 。 Я н- з---- п------- л- о- м--.
Y- n- z----- p------- l- o- m--.
+
   
彼は 私を 愛して いるの かしら ? Лю--- л- о- м---?
L----- l- o- m----?
+
彼は 戻って くるの かしら ? Ве------ л- о-?
V-------- l- o-?
+
彼は 電話して くるの かしら ? По------ л- о- м--?
P------- l- o- m--?
+
   
彼は 私の ことを 想って いるの かと 思います 。 Я с--- с--------- д----- л- о- о-- м--.
Y- s---- s----------- d------ l- o- o-- m--.
+
彼には 他の 女の人が いるの ではと 思います 。 Я с--- с--------- е--- л- у н--- д-----.
Y- s---- s----------- y---- l- u n--- d------.
+
彼は うそを ついて いるの ではと 思います 。 Я с--- с--------- л--- л- о- м--.
Y- s---- s----------- l---- l- o- m--.
+
   
彼は 私の ことを 想って いるの かしら ? Ду---- л- о- о-- м--?
D------ l- o- o-- m--?
+
彼には 他の 女の人が いるの かしら ? Ес-- л- у н--- д-----?
Y---- l- u n--- d------?
+
彼は 、 本当の ことを 言って くれるの かしら ? Го----- л- о- п-----?
G------ l- o- p-----?
+
   
彼が 本当に 私の ことを 好きなのか 、 疑問に 思います 。 Я с---------- н------- л- я е-- д------------.
Y- s----------- n-------- l- y- y--- d------------.
+
彼が 私に 手紙を 書いて くれるのか 疑問に 思います 。 Я с---------- н------ л- о- м--.
Y- s----------- n------- l- o- m--.
+
彼が 私と 結婚して くれるのか 疑問に 思います 。 Я с---------- ж------ л- о- н- м--.
Y- s----------- z-------- l- o- n- m--.
+
   
彼は 本当に 私の ことを 好きなの かしら ? Нр------ л- я е-- д------------?
N-------- l- y- y--- d------------?
+
彼は 私に 手紙を 書いて くれるの かしら ? На----- л- о- м--?
N------- l- o- m--?
+
彼は 私と 結婚して くれるの かしら ? Же----- л- о- н- м--?
Z-------- l- o- n- m--?
+
   

脳はどのように文法を学ぶのか?

我々は赤ちゃんのときに母国語を学び始める。 それは自動的に起こる。 我々はそれに気づかない。 しかし脳は学習の際に多くのことをこなさなければならない。 たとえば文法を学べば、脳は多くの仕事をする。 脳は毎日新たな物事を聞く。 継続的に新しい刺激を受ける。 しかし脳はどの刺激もひとつひとつ処理できるわけではない。 それは経済的に行動しなくてはならない。 そのため、定期的なことに合わせるようになる。 脳は何をひんぱんに聞くかに気づく。 ある特定のことがどのくらいひんぱんに起こるかを登録する。 そこから脳は文法的規則をつくる。

子どもは、文が正しいか間違っているかを知っている。 しかし彼らはなぜそうなのかはわからない。 彼らの脳は、学ぶことなく規則を知っている。 大人は言語をそれとは違って学ぶ。 彼らは母国語の構成をすでに知っている。 これが新たな文法的規則の基礎をつくる。 しかし大人は学習するために授業が必要だ。 脳が文法を学ぶとき、固定化されたシステムがある。 たとえばそれは名刺と動詞で明白になる。 それらは脳の異なる領域に保存される。 その処理の際、異なる領域が活発になる。 シンプルな規則も、複雑な規則とは違うように学ばれる。 複雑な規則では、複数の脳の領域が一緒に働く。 脳がどの程度正確に文法を学ぶかは、まだ究明されていない。 しかし、脳が理論的にはどの文法も学べることはわかっている・・・。
言語を当ててください!
_______は北ゲルマン言語族に属します。 約800万人の母国語です。 ******とフィンランドの一部でも話されています。 ノルウェー人と******人は、比較的問題なく話をすることができます。 それどころか、両言語からの要素を結びつけた混合言語も存在するのです。 はっきりと話せば、デンマーク人とも会話は可能です。 _______のアルファベットは29の文字から成り立ちます。

_______の特徴の一つは、特殊な母音システムです。 母音の長さや短さが単語の意味を決定づけます。 トーンの高さも_______では役割を持っています。 _______の単語と文は、一般的にどちらかと言えば短いです。 語順は決まった規則があります。 文法もそれほど複雑ではありません。 構造は全体的に、英語に似ています。 _______を学びましょう、まったく難しくはありません!