日本語 » テルグ語   映画館で


45 [四十五]

映画館で

-

45 [నలభై ఐదు]
45 [Nalabhai aidu]

సినిమా థియేటర్ వద్ద
Sinimā thiyēṭar vadda

45 [四十五]

映画館で

-

45 [నలభై ఐదు]
45 [Nalabhai aidu]

సినిమా థియేటర్ వద్ద
Sinimā thiyēṭar vadda

クリックしてテキストを見てください:   
日本語తెలుగు
映画館に 行きましょう 。 మే-- స------- వ-------------------
M--- s------- v-----------------u
今日は いい 映画を やって います 。 ఈ ర--- ఒ- మ--- స----- ఆ-------
Ī r--- o-- m----- s----- ā------i
その 映画は 最新作 です 。 ఈ స----- స-- క------
Ī s----- s--- k-----i
   
チケット売り場は どこ です か ? క్---- ర-------- ఎ---- ఉ---?
K--- r------- e----- u---?
まだ 席は 空いて います か ? సీ---- ఇ--- ద-------------?
S---- i--- d------------?
入場料は いくら です か ? లో----- వ----- ట----- ధ- ఎ-- ఉ---?
L------- v---- ṭ------ d---- e--- u---?
   
開演は 何時 です か ? ఆట ఎ------ మ----------?
Ā-- e----- m------------?
上映時間は どれくらい です か ? సి---- ఎ-- స--- ఆ-------?
S----- e--- s--- ā-------?
チケットを 予約 できます か ? మన- ట-------- బ--- చ----------?
M---- ṭ-------- b-- c----------?
   
後ろの ほうに 座りたいの です が 。 నే-- చ----- క---------------------
N--- c------- k-------------------u
前の ほうに 座りたいの です が 。 నే-- మ---- క---------------------
N--- m------ k-------------------u
真中あたりに 座りたいの です が 。 నే-- మ----- క---------------------
N--- m------- k-------------------u
   
どきどきする 映画でした 。 సి---- చ--- ఉ---------- ఉ---
S----- c--- u------------ u--i
映画は つまらなくは なかった です 。 సి---- వ------- ల---
S----- v------ l--u
でも 、 原作のほうが 良かった です 。 కా-- ఏ ప------ ప- ఆ------ ఈ స----- త-------- అ-- చ--- బ------
K--- ē p------- p-- ā--------- ī s----- t---------- a-- c--- b-----i
   
音楽は どうでした か ? మ్------ ఎ-- ఉ---?
M----- e-- u---?
俳優は どうでした か ? నట------ ఎ-- ఉ------?
N--------- e-- u-----?
英語の 字幕付き です か ? ఇం---- ఇ------- స--------- ల- ఉ------?
I----- i------ s--------- l- u-----?
   

言語と音楽

音楽は世界的な事象だ。 地球上すべての民族が音楽を演奏する。 そして音楽はすべての文化で理解される。 ある学術研究がそれを証明した。 その際、孤立して生活する民族の前で音楽が演奏された。 このアフリカの民族は、近代的な世界への理解をもっていない。 それにもかかわらず、喜びまたは悲しみの歌かを認識した。 なぜそうなのかは、まだ究明されていない。 しかし音楽は国境のない言語のようだ。 そして我々はみな、音楽を正しく解釈することをなんとなく学んでいる。 進化にとってはしかし、音楽は役立たない。 それにもかかわらず我々が音楽を理解することは、言語と関係している。 というのは、音楽と言語は一体をなしているからだ。

脳内で、音楽と言語は似たような処理をされる。 音楽と言語はまた、同じように機能する。 どちらも音色と音を決まった規則に則って組み合わせる。 赤ちゃんはすでに、お腹の中で学び、音楽を理解する。 そこで彼らは母の言語のメロディーを聞く。 そこで、彼らは生まれてくると、音楽を理解できるのである。 音楽は言語のメロディーをまねると言える。 また、感情も言語と音楽では速度によって表現される。 言語知識によって我々は音楽の中の感情を理解するのである。 逆に、音楽的な人は言語を簡単に学ぶ。 多くの音楽家が言語をメロディーのように感じとる。 それによって、彼らは言語をよりよく思い出せる。 興味深いのは、子守唄が世界的にとてもよく似た響きをしていることだ。 それは、音楽の言語がどれだけ国際的であるかを証明している。 そして音楽はきっと、すべての言語の中でも最高に美しい・・・。
言語を当ててください!
_______は約7500万人の母国語です。 ドラヴィダ語族に属します。 _______はとりわけインド南東部で話されます。 ヒンディー語、ベンガル語の次にインドで最も話されています。 昔は_______は書き言葉と話し言葉で大きく違っていました。 ほとんど2つの違う言語であると言えたほどです。 それから書き言葉が近代化され、今日ではあちこちで使われるようになりました。

_______は、特に北部で特別生粋とみなされる多くの方言があります。 発音は簡単ではありません。 とにかく母国語話者と練習すべきです。 _______は独自の文字で書かれます。 それはアルファベットと仮名の混合です。 文字の特徴は、多くの丸い形です。 それらは南インドの文字では典型的です。 _______を学びましょう、とても多くの発見があります!