日本語 » テルグ語   体の部分


58 [五十八]

体の部分

-

58 [యాభై ఎనిమిది]
58 [Yābhai enimidi]

శరీర అవయవాలు
Śarīra avayavālu

58 [五十八]

体の部分

-

58 [యాభై ఎనిమిది]
58 [Yābhai enimidi]

శరీర అవయవాలు
Śarīra avayavālu

クリックしてテキストを見てください:   
日本語తెలుగు
男性の絵を描きます。 నే-- ఒ- మ------ బ---- గ-----------
N--- o-- m--------- b----- g--------u
まず頭。 మొ-- త-
M----- t--a
男性は帽子をかぶっています。 ఆ మ---- ఒ- ట--- ప--------- ఉ------
Ā m----- o-- ṭ--- p-------- u----u
   
髪の毛は見えません。 ఎవ---- ఆ మ---- జ------- చ------
E----- ā m----- j------ c------u
耳も見えません。 అల--- ఆ మ---- చ------ క--- ఎ----- చ------
A---- ā m----- c------- k--- e----- c------u
背中も見えません。 అద- వ----- ఆ మ---- వ----- క--- ఎ----- చ------
A-- v------- ā m----- v----- k--- e----- c------u
   
目と口を描きます。 నే-- క---- మ---- న----- గ-----------
N--- k---- m----- n----- g--------u
男性は踊りながら笑っています。 మన--- న-------------- మ---- న------------
M----- n------------ m----- n----------u
男性の鼻は長いです。 ఆ మ------ ఒ- ప------- మ----- ఉ---
Ā m------- o-- p------- m---- u--i
   
手に杖を持っています。 అత-- త- చ----- ఒ- చ--------- ప--------- ఉ------
A---- t--- c----- o-- c---------- p-------- u----u
首にショールを巻いています。 అత-- త- మ-- చ----- ఒ- స------- న- క--- చ--------- ఉ------
A---- t--- m--- c---- o-- s----- n- k--- c-------- u----u
冬なので寒いです。 ఇద- శ-------- ఇ------ చ----- ఉ---
I-- ś--------- i----- c------ u--i
   
腕はたくましいです。 చే---- ద----- ఉ------
C----- d-------- u----i
脚もたくましいです。 కా---- క--- ద----- ఉ------
K---- k--- d-------- u----i
男性は雪で出来ています。 ఆ మ------ మ----- త-------------
Ā m------- m------- t---------------i
   
彼はズボンもコートも着ていません。 అత-- ప------ గ--- క--- క--- ఏ-- వ---------
A---- p----- g--- k-- k--- ē-- v--------u
でも男性は震えていません。 కా-- ఆ మ---- చ---- గ----------------
K--- ā m----- c----- g----------------u
彼は雪だるまです。 అత-- ఒ- స----------
A---- o-- s------n
   

先祖の言葉

近代の言葉は言語学者によって研究することができる。 それには様々なメソッドが用いられる。 しかし何千年も前の人々は話していたのだろうか? この質問に答えることは非常に難しい。 それにもかかわらず、学者たちはもう長いことそれに携わっている。 彼らは、昔はどのように話されていたかを究明したがっているのだ。 それについて彼らは、古い言語形式を再構築しようとしている。 アメリカの研究者たちは、興味深い発見をした。 彼らは2000以上の言語を分析した。 その際、とくに言語の文構造を調査した。 その研究結果は非常に興味深かった。 約半分の言語が、S-O-Vの文構造をしている。 つまり、主語、目的語、動詞の原則である。

700以上の言語は、S-V-Oの形式をとっている。 そして約160の言語はV-S-Oの法則で機能している。 V-O-Sの形式をとる言語はたった40だった。 120の言語は混合形式だった。 O-V-SとO-S-Vはそれに対して、明らかに珍しいシステムである。 つまり調査対象となった言語の多数は、S-O-Vの形をとる。 それにはたとえばペルシア語、日本語、トルコ語が属する。 しかしほとんどの生きた言語はS-V-O形式である。 印欧語族では今日、この文構造が優勢である。 研究者たちは、昔はS-O-V形式で話していたと信じている。 このシステムに、すべての言語は基礎づいている。 しかし言語はそれぞれに分かれて発展していった。 なぜそうなったのかはわかっていない。 しかし文構造のバリエーションには理由があるはずだ。 なぜなら、進化においてはなにか利点のあることだけが受け入れられるからだ・・・。
言語を当ててください!
_______は南スラブ言語です。 特に******とヘルツェゴビナで話されます。 しかしセルビア、クロアチア、マケドニア、モンテネグロにも話者グループは存在します。 _______は約250万人にとって母国語です。 クロアチア語とセルビア語にとてもよく似ています。 語彙、正書法、文法に違いはまったくありません。 _______を話す人はセルビア語とクロアチア語をよく理解することができます。

_______のステータスはそのため、しばしば議論されます。 何人かの言語学者は、_______が独自の言語であることを疑問視しています。 彼らは_______がセルボクロアチア語の一つの民族的なバリエーションだと主張しています。 興味深いのは、_______に多くの外的な影響が見られることです。 その領地は昔、長い間交互にオリエントとオクシデントに属していました。 そのため、多くのアラビア語、トルコ語、ペルシャ語の概念が語彙に存在するのです。 これは本来、スラブ言語では非常に珍しいことです。 しかしそれが_______をとても比類のないものにしています。