日本語 » トルコ語   約束


24 [二十四]

約束

-

24 [yirmi dört]

Randevulaşmak

24 [二十四]

約束

-

24 [yirmi dört]

Randevulaşmak

クリックしてテキストを見てください:   
日本語Türkçe
バスに乗り遅れたのですか? Ot----- m- k-------?
私は30分もあなたを待っていました。 Ya--- s--- s--- b-------.
あなたは携帯電話を持ってないのですか? Ya----- c-- t------- y-- m-?
   
今度は遅れないように! Bi- d----- s----- d---- o-!
今度はタクシーで来なさい! Bi- d----- s----- b-- t------ b--!
今度は傘を持ってくるように! Bi- d----- s----- y----- b-- ş------ a-!
   
明日は時間があります。 Ya--- b----.
明日、会いましょうか? Ya--- b-------- m-?
残念ながら、明日は都合が悪いです。 Üz------ y---- m----- d------.
   
今週末、もう予定が入っていますか? Bu h---- s--- ş------- h------- b-- p----- v-- m-?
それとも、先約があるのですか? Yo--- r------- m- v--?
週末に会おうと思いますが、どうですか。 Ha--- s--- b-------- t----- e-------.
   
ピクニックに行きましょうか? Pi---- y------ m-?
浜辺に行きましょうか? Pl--- g------ m-?
山に行きましょうか? Da----- g------ m-?
   
オフィスに迎えに行きます。 Se-- b------ a-----.
家に迎えに行きます。 Se-- e---- a-----.
バス停まで迎えに行きます。 Se-- o----- d--------- a-------.
   

外国語学習のヒント

新しい言語を学ぶのはいつも面倒だ。 発音、文法、語彙は自制心を要する。 しかし学習を簡単にする様々なトリックが存在する。 重要なのはまず、あなたがポジディブに考えることだ。 新しい言語と新しい経験を楽しみなさい! 何から始めるかは原則的にはどうでもいい。 特に興味のあるテーマを探しなさい。 有意義なのは、まず聞き取りと話すことに集中することだ。 それからテキストを読んで書きなさい。 あなたとあなたの日常に合ったシステムを見つけなさい。 形容詞においては、学習と反対のことができる。 もしくは部屋のあちこちに語彙を書いたカードを下げておく。 スポーツにおいてと車中では、オーディオデータで学習できる。

ある特定のテーマが非常に難しく思えたら、中断しなさい。 休憩をするか、何か他のことをしなさい! そうすれば新しい言語を学ぶ気持ちが失われない。 新しい言語でのクロスワードパズルは楽しい。 外国語での映画は気分転換になる。 外国語の新聞ではその国や人々についての多くを読める。 インターネットでは教科書を補う問題集がたくさんある。 そして、やはり語学を楽しめる友人を探しなさい。 新しい内容を決して隔離して勉強せず、常に前後関係から学びなさい! すべてを定期的に繰り返しなさい! そうすることで脳が材料を刻みつけられる。 セオリーにうんざりした人は、スーツケースをパッキングするべきだ! なぜなら、どこに行っても、母国語者のもとのように効果的には学べないからだ。 旅の最中には日記をあなたの経験でいっぱいにすることができる。 しかし最も大切なことは-決してあきらめないで!
言語を当ててください!
_______は約7500万人に話されています。 彼らはもちろん、とりわけ北朝鮮と大韓民国で暮らしています。 しかし、中国と日本にも******の少数民族がいます。 どの言語族に_______が属するかは、言語学的には議論の余地がまだあります。 ******が分かれていることは、両国の言語も示しています。 ******は例えば、多くの英語の単語を取り入れています。 北朝鮮人はこれらの単語を理解しないことがしばしばあります。

両国の標準言語はそれぞれの首都の方言に沿っています。 _______のさらなる特徴は、その精密さです。 例えば、この言語は話者が互いにどんな関係にあるかを示します。 つまり、とても多くの丁寧語の表現と、多くの異なる親戚関係の概念があります。 _______の文字は音素文字です。 各文字は架空の正方形内に音節としてまとめられます。 特に興味深いのが、写真のようにその形を通して機能する子音です。 それらはどの位置に口、下、口蓋、咽頭が発音の際にあるかを示しているのです。