日本語 » トルコ語   タクシーで


38 [三十八]

タクシーで

-

38 [otuz sekiz]

Takside

38 [三十八]

タクシーで

-

38 [otuz sekiz]

Takside

クリックしてテキストを見てください:   
日本語Türkçe
タクシーを呼んでください。 Lü---- b-- t---- ç--------.
駅までいくらですか? Tr-- i---------- k------ ü---- n- k----?
空港までいくらですか? Ha---------- k------ ü---- n- k----?
   
まっすぐ行ってください。 Lü---- d-----.
ここで右にお願いします。 Lü---- b----- s---.
そこの角を左にお願いします。 Lü---- o---- k------ s---.
   
急いでいます。 Ac---- v--.
時間はあります。 Va---- v--.
もっとゆっくり運転してください。 Lü---- d--- y---- g------.
   
ここで停めてください。 Lü---- b----- d------.
ちょっと待っていてください。 Lü---- b-- d----- b---------.
すぐに戻ります。 He--- g--------.
   
領収書をお願いします。 Lü---- b--- b-- m----- v------.
小銭がありません。 Bo--- p---- y--.
おつりはいりません。 Bö--- t----- ü--- s---- k-----.
   
この住所までお願いします。 Be-- b- a----- g--------.
私のホテルまでお願いします。 Be-- o------ g--------.
浜辺までお願いします。 Be-- p---- g--------.
   

語学の天才たち

ほとんどの人は、外国語をひとつ話せればうれしいと思う。 しかし70以上の外国語を話す人もいる。 彼らは皆、これらの言語を流暢に話すことができ、正確に書ける。 つまり、彼らは超多言語話者といえるだろう。 多言語の現象は一世紀来有名になった。 そのような才能を持った人についての報告がたくさんある。 しかしこの才能がどこからくるのかは、まだ性格には研究されていない。 科学的には、様々な理論が存在する。 ある者は多言語話者の脳は違ったつくりをしているという。 この違いは、特にブローカ野で明確になっている。 脳のこの部分では、言語がつくりだされる。 多言語話者は、この範囲の細胞がよりよく働くのである。 そのために彼らが情報をより多く処理できるという可能性はある。

このセオリーを確定するためには、まださらなる研究が必要とされる。 しかしまた、特別なモチベーションだけが決定的なのかもしれない。 子どもは外国語を非常に早くほかの子どもから学ぶ。 それは、彼らが遊びの仲間に加わりたいことが関係する。 彼らはグループの一部になりたく、他の子どもとコミュニケーションをとる。 彼らの学習成果は、インテグレーションへの意志にかかっているのだ。 別のセオリーは、脳の量が学習によって増えるという。 学習はそれによって、勉強すればするほどどんどん簡単になる。 似通っている言語も簡単に学べる。 デンマーク語を話す人は、スウェーデン語やノルウェー語を早く学ぶ。 まだ多くの疑問の答えは見つかっていない。 しかし確かなのは、インテリジェンスは何の役割も果たさないということ。 一部の人は、低い知能にもかかわらず多くの言語を話す。 しかし言語の大天才も多くの規律が必要だ。 それは少しなぐさめにならないだろうか?
言語を当ててください!
_______はブックマーケットを支配する言語に属します。 世界文学の大作は******の作家によって書かれました。 _______の多くの本が翻訳されています。 しかし******人は読むのが好きで、翻訳家は常に多くのやることがあります。 _______は約1億6000万人の母国語です。 それ以外にも、他のスラブ圏の国でも多くの人が_______を話します。 それによって、_______はヨーロッパで最も広まっている言語です。

世界中では約2億8000万人が_______を話します。 東スラブ言語として_______はウクライナ語、ベラルーシ語と親戚関係にあります。 _______の文法は非常に組織的に造られています。 それは分析的かつ論理的に考えたい人にとってはメリットです。 _______の勉強はどちらにしても役に立ちます! 学術、芸術、テクニックで_______はとても重要な言語です。 そして有名な_______の作品をオリジナルで読むというのは素晴らしいことではないでしょうか?