日本語 » ウクライナ語   レストランで4


32 [三十二]

レストランで4

-

+ 32 [тридцять два]32 [trydtsyatʹ dva]

+ В ресторані 4V restorani 4

32 [三十二]

レストランで4

-

32 [тридцять два]
32 [trydtsyatʹ dva]

В ресторані 4
V restorani 4

クリックしてテキストを見てください:   
日本語українська
フライドポテト 、 ケチャップ付き 。 Од-- п----- к------- ф-- з к-------.
O--- p------- k------- f-- z k--------.
+
マヨネーズ付きで 二つ 。 І д-- п----- з м--------.
I d-- p------- z m---------.
+
マスタード付き 焼きソーゼージを 三つ 。 І т-- п----- с------- к------ з г-------.
I t-- p------- s--------- k------ z h----------.
+
   
野菜は 何が あります か ? Що у в-- є з о-----?
S---- u v-- y- z o------?
+
豆は あります か ? У в-- є к------?
U v-- y- k-------?
+
カリフラワーは あります か ? У в-- є ц----- к------?
U v-- y- t------ k------?
+
   
とうもろこしが 好き です 。 Я ї- о---- к--------.
Y- i-- o------ k--------.
+
きゅうりが 好き です 。 Я ї- о---- о-----.
Y- i-- o------ o-----.
+
トマトが 好き です 。 Я ї- о---- п-------.
Y- i-- o------ p-------.
+
   
ねぎも 好き です か ? Чи ї--- В- т---- о---- п----?
C-- i---- V- t----- o------ p-----?
+
ザウアークラウトも 好き です か ? Чи ї--- В- т---- о---- к------ к------?
C-- i---- V- t----- o------ k------- k------?
+
レンズマメも 好き です か ? Чи ї--- В- т---- о---- с-------?
C-- i---- V- t----- o------ s----------?
+
   
にんじんも 好き です か ? Чи ї-- т- т---- о---- м-----?
C-- i--- t- t----- o------ m-----?
+
ブロッコリーも 好き です か ? Чи ї-- т- т---- о---- б------?
C-- i--- t- t----- o------ b------?
+
パプリカも 好き です か ? Чи ї-- т- т---- о---- ч------- п-----?
C-- i--- t- t----- o------ c--------- p------?
+
   
たまねぎは 嫌い です 。 Я н- л---- ц-----.
Y- n- l------ t------.
+
オリーブは 嫌い です 。 Я н- л---- м-----.
Y- n- l------ m-----.
+
きのこは 嫌い です 。 Я н- л---- г-----.
Y- n- l------ h-----.
+
   

トーン言語

世界中で話されるほとんどの言語には、トーン言語が存在する。 トーン言語では、トーンの高さによって決定される。 トーンは、単語または音節がどんな意味を持つか決定する。 それによってトーンは単語に固定的に属する。 アジアで話されるほとんどの言語は、トーン言語だ。 たとえば中国語、タイ語、ベトナム語がそれに属する。 アフリカにも様々なトーン言語が存在する。 多くのアメリカ先住民族言語も同様にトーン言語である。 先住民族言語はほとんど、有調の要素しかもたない。 たとえば、スウェーデン語やセルビア語がそうだ。 トーンの高さの数は、それぞれの言語で異なる。 中国語では、4つの異なるトーンが区別される。 音節”ma”はそれによって4つの違う意味を持つことができる。

それは母、麻、馬、罵るである。 興味深いのは、トーン言語が我々の聴覚にも作用することだ。 絶対音感に関する研究論文はそれを証明している。 絶対音感とは、聴いた音を的確に判断する能力だ。 欧州と北アメリカでは、絶対音感は非常にめずらしいものだ。 10000人に1人以下がこの能力をもつ。 中国語母国語者の場合は少し違う。 ここではこの特別な能力を9倍の人がもつ。 小さな子供のとき、我々は皆絶対音感をもっている。 我々はその能力を、正しく話すことを学ぶために必要とする。 しかし残念ながらほとんどの人がこの能力を失ってしまう。 トーンの高さはもちろん音楽でも重要だ。 特にトーン言語を話す文化においては重要となる。 トーン言語はメロディーを非常に正しく守る必要がある。 さもないと、美しい愛の歌が意味のない歌になってしまう!
言語を当ててください!
_______はインドイラン言語族に属します。 約1億3000万人の母国語です。 そのうち大部分はパキスタンで暮らしています。 しかし、インドの******州でも_______が話されています。 パキスタンでは、_______は書き言葉としてはまったく使われていません。 インドでは違います。なぜならこの言語がそこでは公用語だからです。 _______は独自の文字で書かれます。

そしてとても長い文学的な伝統があります。 1000年以上も経つテキストが見つかっています。 音韻的にも_______はとても興味深いのです。 つまり、声調言語なのです。 声調言語では、アクセントのある音節の高さがその意味を変えます。 _______では、強調された音節は3つの異なる音の高さを持ちます。 インドゲルマン語族ではこれはとてもめずらしいことです。 しかしそれが_______をより刺激的にしているのです!