話したければ、書かなければならない!

外国語を学ぶのは、常に簡単ではない。 語学学校生は最初のころ、特に会話を難しいと思う。 多くは新しい言語で文章を言うことに自信がない。 彼らは間違いをすることに対しての恐怖心が大きすぎる。 そのような語学学校生にとっては、書くことがひとつの解決策になる。 というのは、うまく話せるようになりたければ、できるだけたくさん書くべきだからだ。 書くことは、新しい言語への慣れを促進する。 それにはいくつかの理由がある。 書くということは、話すこととは違うように機能している。 それはもっとずっと複雑なプロセスだ。 書くときには、我々はどの言葉を選ぶか長いこと考える。 それによって、脳はより集中的に新しい言語を処理する。 また、書くときにはずっとリラックスしている。

そこには、答えを待つ者は誰もいない。 すると、徐々に外国語に対する不安が解消されていくのだ。 書くことはそれ以外にも、創造性を促進する。 我々はより自由に感じ、新しい言語でより多く遊ぶのである。 書くことにはまた、話すよりも多くの時間を費やす。 そしてそれが記憶を支えるのである。 しかし書くことの大きな利点は、その距離をおいた形式だ。 つまり、言葉の結果を正確に考察することができるということである。 我々はすべてを目の前にみることができる。 そのため、間違いを自分で改善したり、それによって学んだりできる。 新しい言語で何を書くかは、原則的にはどうでもいい。 大切なのは、定期的に文章を作成して書くことだ。 それを練習したければ、海外のペンフレンドを探すとよいだろう。 そうすればそのうち、個人的に会うかもしれない。 そこでわかるのは、話すほうがずっと簡単だということだ!