二つの言語=二つの言語中枢

いつ言語を学ぶかは、脳にとってどうでもよくはない。 なぜなら、脳は異なる言語のためいくつかのメモリを備えているからだ。 我々が学ぶ言語は、すべて一緒に記憶されるわけではない。 大人になってから学んだ言語には、独自のメモリがある。 つまり、脳波新しい規則を他の場所で処理しているのだ。 それらは母国語と一緒には保存されない。 それに対して、二カ国語で育った人はひとつの領域しか使わない。 多くの研究論文がこの結果にたどりついた。 神経科学者は様々な被験者をテストした。 これらの被験者たちは、二つの言語を流暢に話す。 しかし被験者の一部は、両方の言語で育った。 他の被験者は、二つ目の言語をあとになってから学んだ。 言語テストでは、研究者は脳の活動を測定することができた。

そうして、テストで脳のどの部分が働いているかを観察した。 そして、あとから学んだ人たちが二つの言語中枢を持つことを発見した! それについては、研究者たちは長いこと推測していた。 脳挫傷をもつ人は、様々な症状を示す。 そのため、脳の傷は言語の問題になってくる。 そういった人は、言葉をうまく発音したり理解したりできない。 しかし二カ国語で育った事故の被害者は、たまに特別な症状を示す。 彼らの言語的問題は、いつも両方の言語にでるわけではない。 ひとつの脳領域だけが傷ついていれば、他方はまだ機能することができる。 そうすると、患者は一つの言語をもうひとつよりもうまく話せる。 二つの言語はまた、違った早さで学ばれる。 それは、両方の言語が同じ場所には保存されないことを証明している。 それらは同時に学ばれていないため、二つの中枢をつくるのである。 脳がいくつかの言語をどれくらい正確に管理しているかは、まだわかっていない。 しかしこの新しい認識は、新たな学習戦略に結びつくことができる・・・。