日本語 » テルグ語   何かを望む


70 [七十]

何かを望む

-

+ 70 [డెబ్బై]70 [Ḍebbai]

+ ఇష్టపడటంIṣṭapaḍaṭaṁ

70 [七十]

何かを望む

-

70 [డెబ్బై]
70 [Ḍebbai]

ఇష్టపడటం
Iṣṭapaḍaṭaṁ

クリックしてテキストを見てください:   
日本語తెలుగు
タバコを 吸いたい です か ? మీ-- ప--------- ఇ-------?
M--- p----------- i-------?
+
踊りたい です か ? మీ-- డ------ చ---- ఇ-------?
M--- ḍ---- c------ i-------?
+
散歩に 行きたい です か ? మీ-- వ------ క- వ------ ఇ-------?
M--- v----- k- v------- i-------?
+
   
タバコが 吸いたい〔です〕 。 నా-- ప--------- ఇ-----
N--- p----------- i----ē
+
タバコ 、 要ります か ? మీ-- ఒ- స------ క-----?
M--- o-- s------ k-----?
+
彼は ライターが 必要 です 。 ఆయ--- బ---- క-----
Ā------ b---- k----i
+
   
何か 飲みたいの です が 。 నా-- ఎ-- త------ ఉ---
N--- e-- t------- u--i
+
何か 食べたいの です が 。 నా-- ఎ-- త------ ఉ---
N--- e-- t------- u--i
+
少し 休憩 したいの です が 。 నా-- క---- వ------------ ఉ---
N--- k------ v-------------- u--i
+
   
あなたに ちょっと お聞き したいの です が 。 నా-- మ-------- ఎ-- అ------ ఉ---
N--- m-------- e-- a-------- u--i
+
あなたに ちょっと お願いが あるの です が 。 నా-- మ-------- ద----- అ------ ఉ---
N--- m-------- d----- a-------- u--i
+
あなたを ちょっと ご招待 したいの です が 。 నా-- మ-------- ద----- ఆ------------ ఉ---
N--- m-------- d----- ā------------- u--i
+
   
何が 欲しい です か ? మీ-- ఏ-- క-----?
M--- ē-- k-----?
+
コーヒーは いかが です か ? మీ-- క--- క-----?
M--- k---- k-----?
+
それとも お茶の ほうが いい です か ? లే-- ట- త-------- ఇ---------?
L--- ṭ- t--------- i-----------?
+
   
私達は 運転して 家へ 帰りたい です 。 మే-- ఇ----- వ-------- అ-------------
M--- i----- v-------- a-----------u
+
タクシーは 要ります か ? మీ-- ట----- క-----?
M--- ṭ---- k-----?
+
彼らは 電話を したいの です ね 。 వా---- ఒ- క--- చ---------- అ-------------
V---- o-- k-- c----------- a-----------u
+
   

二つの言語=二つの言語中枢

いつ言語を学ぶかは、脳にとってどうでもよくはない。 なぜなら、脳は異なる言語のためいくつかのメモリを備えているからだ。 我々が学ぶ言語は、すべて一緒に記憶されるわけではない。 大人になってから学んだ言語には、独自のメモリがある。 つまり、脳波新しい規則を他の場所で処理しているのだ。 それらは母国語と一緒には保存されない。 それに対して、二カ国語で育った人はひとつの領域しか使わない。 多くの研究論文がこの結果にたどりついた。 神経科学者は様々な被験者をテストした。 これらの被験者たちは、二つの言語を流暢に話す。 しかし被験者の一部は、両方の言語で育った。 他の被験者は、二つ目の言語をあとになってから学んだ。 言語テストでは、研究者は脳の活動を測定することができた。

そうして、テストで脳のどの部分が働いているかを観察した。 そして、あとから学んだ人たちが二つの言語中枢を持つことを発見した! それについては、研究者たちは長いこと推測していた。 脳挫傷をもつ人は、様々な症状を示す。 そのため、脳の傷は言語の問題になってくる。 そういった人は、言葉をうまく発音したり理解したりできない。 しかし二カ国語で育った事故の被害者は、たまに特別な症状を示す。 彼らの言語的問題は、いつも両方の言語にでるわけではない。 ひとつの脳領域だけが傷ついていれば、他方はまだ機能することができる。 そうすると、患者は一つの言語をもうひとつよりもうまく話せる。 二つの言語はまた、違った早さで学ばれる。 それは、両方の言語が同じ場所には保存されないことを証明している。 それらは同時に学ばれていないため、二つの中枢をつくるのである。 脳がいくつかの言語をどれくらい正確に管理しているかは、まだわかっていない。 しかしこの新しい認識は、新たな学習戦略に結びつくことができる・・・。
言語を当ててください!
_______はインドヨーロッパ語族に属します。 しかし世界のどの言語とも本当に近い親戚関係にはありません。 混同してはいけないのが、現代_______と古代_______です。 古代_______は今日なお多くの学校と大学で教えられています。 それはかつて、哲学と学問の言語でした。 古代に世界を旅した者は、古代_______を共通語として使っていました。 現代_______はそれに対して、今では約1300万人の母国語です。

それは古代_______から発展しました。 正確にいつ現代_______が生まれたのかは分かっていません。 しかし確かなのは、古代_______よりも簡単だということです。 それでもなお、現代_______では多くの古式のフォームが残っています。 現代_______はまた、強い方言のない統一的な言語でもあります。 書かれるのはほぼ2500歳になる******文字です。 興味深いのは、_______が最多語彙を持つ言語に数えられることです。 語彙を勉強するのが好きな人は、_______を始めるべきです・・・