日本語 » タイ語   仕事


55 [五十五]

仕事

-

55 [ห้าสิบห้า]
hâ-sìp′-hâ

การทำงาน
gan-tam′-ngan

55 [五十五]

仕事

-

55 [ห้าสิบห้า]
hâ-sìp′-hâ

การทำงาน
gan-tam′-ngan

クリックしてテキストを見てください:   
日本語ภาษาไทย
ご職業は? คุ------------ ค--- / ค-?
k--------------------------------------′
夫は医者です。 สา------------------
s---------------------------------′
パートタイムの看護師として勤務しています。 ดิ--------------------- ว-----------------
d---------------------------------------------------------------------------g
   
もうすぐ年金生活です。 อี---------------------------
e--------------------------------------------------n
でも税金が高いです。 แต-----------
d----------------------k
健康保険も高いです。 แล---------------------
l-----------------------------------------g
   
あなたは、将来何になりたいですか? หน- อ------------------?
n--------------------------------------------′
エンジニアになりたい。 ผม- / ห--- อ-------------
p---------------------------------------n
大学で勉強するつもりです。 ผม- / ห--- อ-------------------------
p----------------------------------------------------------′
   
研修生です。 ผม- / ด----- เ----------------
p--------------------------------------------------′
稼ぎはあまり多くありません。 ผม- / ด----- ม-------------
p----------------------------------------k
外国でインターンシップをします。 ผม- / ด----- ฝ-------------------
p--------------------------------------------------------t
   
こちらが私の上司です。 นี-------------- ผ- / ด----
n---------------------------------------′
同僚は親切です。 ผม / ด---- ม-------------------
p----------------------------------------------e
お昼はいつも社員食堂に行きます。 เร-------------------------------
r--------------------------------------------------w
   
仕事を探しています。 ผม / ด---- ก------------
p-----------------------------------------n
もう一年も失業中です。 ผม / ด---- ว-------------------
p-----------------------------------------------o
この国は失業者が多すぎます。 ที-----------------------------
t------------------------------------------------------k
   

記憶は言語を必要とする

ほとんどの人は、初めての登校日を思い出す。 しかしその前にあったことはもはや覚えていない。 生まれた日のことはほとんどまったく記憶が無い。 しかしなぜそうなのか? なぜ我々は赤ちゃんのときに経験したことを思い出さないのだろう? その理由は、我々の発達にある。 言語と記憶はだいたい同じ時期に発達する。 そして何かを思い出すためには、言語が必要だ。 つまり、経験した何かのためには、言葉が必要なのである。 学者たちは子どもを対象に異なるテストを行った。 その際、彼らは興味深い発見をした。 子どもはことばを学ぶとすぐに、その前にあったことをすべて忘れるのである。 言語の始まりはつまり、記憶の始まりでもある。

3歳まではこどもは非常に多くを学ぶ。 彼らは毎日新しいことを経験する。 この年齢で、彼らはまたたくさんの大切な経験をする。 それにもかかわらず、すべて忘れ去られるのである。 心理学者たちはこの現象を幼児期健忘症と呼ぶ。 子どもが名前をあげられることだけが残るのだ。 個人的経験は、自伝的記憶を保つ。 それは日記のように機能する。 その中には、我々の生活にとって大切なことが記録される。 そのようにして、自伝的記憶は我々のアイデンティティも形成する。 しかしその成長は母国語の習得に関係している。 そして我々は言語によってのみ、記憶を促進できるのである。 赤ちゃんのときに経験したことは、もちろん完全には失われない。 それらは脳内のどこかに保存されているのである。 しかしそれを思い出すことはもうできない・・・ほんとうに残念なことだと思いませんか?
言語を当ててください!
******はインドゲルマン言語族に属します。 しかしこのグループに属するその他の少数派言語と近い関係にあります。 _______がどのように発生したかについては、まだ明確にわかっていません。 今日では主に******とコソボで話されています。 母国語として話す人口は約600万人です。 _______は大きく分けて、2つの方言グループに分かれます。 シュクンビン川が南北の方言の境界線となっています。

いくつかの点で、この2つは明らかに異なります。 書き言葉の_______は20世紀に入ってから確定しました。 ラテン語のアルファベットが使用されます。 文法は部分的にギリシャ語とルーマニア語に似ています。 また、同時に南スラブ言語にも行き着きます。 これらすべての類似点は、コンタクトの状況によって発生したと思われます。 言語に興味がある人は、何が何でも_______を学ぶべきです! それはつまり、独特な言語だからです!