フレーズ集

ja レストランで3   »   it Al ristorante 3

31 [三十一]

レストランで3

レストランで3

31 [trentuno]

Al ristorante 3

翻訳を表示する方法を選択してください:   
日本語 イタリア語 Play もっと
前菜を ください 。 V--r-i-un----i--s--. Vorrei un antipasto. V-r-e- u- a-t-p-s-o- -------------------- Vorrei un antipasto. 0
サラダを ください 。 Vorr-i-----n-a--t-. Vorrei un’insalata. V-r-e- u-’-n-a-a-a- ------------------- Vorrei un’insalata. 0
スープを ください 。 V--r-i -na ------ra. Vorrei una minestra. V-r-e- u-a m-n-s-r-. -------------------- Vorrei una minestra. 0
デザートを ください 。 V--re- u- des---t. Vorrei un dessert. V-r-e- u- d-s-e-t- ------------------ Vorrei un dessert. 0
アイスクリーム 生クリーム添えを お願い します 。 V---ei-u---ela-o-con ---na. Vorrei un gelato con panna. V-r-e- u- g-l-t- c-n p-n-a- --------------------------- Vorrei un gelato con panna. 0
果物か チーズを お願い します 。 V----i --ll--fr---a-o---l -orma-g--. Vorrei della frutta o del formaggio. V-r-e- d-l-a f-u-t- o d-l f-r-a-g-o- ------------------------------------ Vorrei della frutta o del formaggio. 0
朝食に しましょう 。 Vog-ia-o --re-c---z-one. Vogliamo fare colazione. V-g-i-m- f-r- c-l-z-o-e- ------------------------ Vogliamo fare colazione. 0
昼ご飯に しましょう 。 V----am- -ran--re. Vogliamo pranzare. V-g-i-m- p-a-z-r-. ------------------ Vogliamo pranzare. 0
夕食に しましょう 。 Vo-l--m--c-na-e. Vogliamo cenare. V-g-i-m- c-n-r-. ---------------- Vogliamo cenare. 0
朝食には 何が いいです か ? Che --s--v-let- a ---az----? Che cosa volete a colazione? C-e c-s- v-l-t- a c-l-z-o-e- ---------------------------- Che cosa volete a colazione? 0
ジャムと 蜂蜜の ついた ロールパンは いかが です か ? P----i--on -a--e--a-- - ---le? Panini con marmellata e miele? P-n-n- c-n m-r-e-l-t- e m-e-e- ------------------------------ Panini con marmellata e miele? 0
ソーセージと チーズを 載せた トーストは いかが です か ? Toa-- co--salu-i --f----gg--? Toast con salumi e formaggio? T-a-t c-n s-l-m- e f-r-a-g-o- ----------------------------- Toast con salumi e formaggio? 0
ゆで卵は いかが です か ? Un u----s-d-? Un uovo sodo? U- u-v- s-d-? ------------- Un uovo sodo? 0
目玉焼きは いかが です か ? Un --vo-all--c-hio-d-----? Un uovo all’occhio di bue? U- u-v- a-l-o-c-i- d- b-e- -------------------------- Un uovo all’occhio di bue? 0
オムレツは いかが です か ? U---fr-t---a? Una frittata? U-a f-i-t-t-? ------------- Una frittata? 0
ヨーグルトを もう一つ お願い します 。 A-cor- u-- y-gu-t, --- -avo--. Ancora uno yogurt, per favore. A-c-r- u-o y-g-r-, p-r f-v-r-. ------------------------------ Ancora uno yogurt, per favore. 0
塩コショウを お願い します 。 A--o-- s------p------er favo--. Ancora sale e pepe, per favore. A-c-r- s-l- e p-p-, p-r f-v-r-. ------------------------------- Ancora sale e pepe, per favore. 0
水を もう一杯 お願い します 。 A-c--a-u- -icch--re-d’----a, p-r--a-or-. Ancora un bicchiere d’acqua, per favore. A-c-r- u- b-c-h-e-e d-a-q-a- p-r f-v-r-. ---------------------------------------- Ancora un bicchiere d’acqua, per favore. 0

成果ある話し方は学習できる

話すということはわりと簡単だ。 それに対し、成果のある話をすることはずっと難しい。 つまり どのように 何かを話すかは、 何を 話すかよりも重要である。 それは異なる研究論文によって示されている。 聞き手は無意識に、話し手の決まった特徴に気をつける。 それによって、話がよく受け入れられるかどうかに影響を与えられる。 我々は常に、どのように話すかについてきちんと注意を払わなければならない。 それはボディランゲージにもいえることだ。 ボディランゲージは、信頼できて、その人の人格に適切でなければならない。 また、声も常に一緒に評価されるため、ひとつの役割を果たす。 男性の場合はたとえば、より低い声が有利である。 低い声は、話し手を悠然とそして専門知識があるように見せる。 声のバリエーションはそれに対して作用をもたない。 しかし特に重要なのは、話す際のスピードだ。 実験では、会話の成功が調査された。 成果のある話し方というのは、他の人を納得させることである。 他の人を納得させたければ、話すのが速すぎてはいけない。 そうでないと、正直でないという印象を与えてしまう。 しかしゆっくりすぎるのもよくない。 非常にゆっくり話す人は、あまり頭が良くないと思われる。 ベストはようするに、中くらいのスピードで話すことだ。 理想は毎秒3,5単語である。 合間に一呼吸いれることも重要だ。 それは、ことばを自然かつ信頼出来るものにする作用がある。 そして聞き手が話し手を信頼するようになる。 ほどよいのは、毎分4~5回の間を取ることだ。 話し方をよりうまくコントロールしようと試みてごらんなさい。 そうしたら次の面接もうまくいくでしょう・・・。
知っていましたか?
ノルウェー語は北ゲルマン言語族です。 これは約500万人の母国語です。 ノルウェー語の特徴は、2つの標準バリエーションから成り立っていることです: ブークモールとニーノシュクです。 つまり、2つの認められたノルウェー語が存在するということになります。 どちらも行政、学校、メディアでは平等に使用されています。 国の広さから、長いこと標準語は生まれませんでした。 そのため、方言がそのまま使われ、互いの関係ないところで発展しました。 しかし、ノルウェー人であればだれでも地域の方言もどちらの公用語も理解します。 ノルウェー語の発音には決まった規則がありません。 両方のバリエーションが主に書かれるからです。 話されるのはたいてい地域の方言です。 ノルウェー語は北ゲルマン言語族です。デンマーク語とスウェーデン語にとてもよく似ています。 これらの言語の話者は、大きな問題なく互いを理解します。 ノルウェー語はとても興味深い言語なのです・・・ そしてどのノルウェー語を勉強するか選択することができます!