フレーズ集

ja 調達/買い物   »   es Haciendo diligencias

51 [五十一]

調達/買い物

調達/買い物

51 [cincuenta y uno]

Haciendo diligencias

翻訳を表示する方法を選択してください:   
日本語 スペイン語 Play もっと
図書館に 行きたい です 。 Q--e---i- - -a---blio----. Quiero ir a la biblioteca. Q-i-r- i- a l- b-b-i-t-c-. -------------------------- Quiero ir a la biblioteca.
本屋に 行きたい です 。 Qu-ero----- -a-l---e-ía. Quiero ir a la librería. Q-i-r- i- a l- l-b-e-í-. ------------------------ Quiero ir a la librería.
キオスクに 行きたい です 。 Q-iero i- al -u----o. Quiero ir al quiosco. Q-i-r- i- a- q-i-s-o- --------------------- Quiero ir al quiosco.
本を 借りたい です 。 Q---ro ll-va-me-u- ----- p---t-d-. Quiero llevarme un libro prestado. Q-i-r- l-e-a-m- u- l-b-o p-e-t-d-. ---------------------------------- Quiero llevarme un libro prestado.
本を 買いたい です 。 Q---ro c--pra-----li-ro. Quiero comprar un libro. Q-i-r- c-m-r-r u- l-b-o- ------------------------ Quiero comprar un libro.
新聞を 買いたい です 。 Qu-ero--om--a- -n-p--i-di-o. Quiero comprar un periódico. Q-i-r- c-m-r-r u- p-r-ó-i-o- ---------------------------- Quiero comprar un periódico.
本を 借りに 図書館に 行きたい です 。 Qui-r------ l------io-eca---ra---ma--p-e---do-u--l----. Quiero ir a la biblioteca para tomar prestado un libro. Q-i-r- i- a l- b-b-i-t-c- p-r- t-m-r p-e-t-d- u- l-b-o- ------------------------------------------------------- Quiero ir a la biblioteca para tomar prestado un libro.
本を 買いに 本屋に 行きたい です 。 Q----- ir-a-l--l-b--ría--a------pr-- -- --br-. Quiero ir a la librería para comprar un libro. Q-i-r- i- a l- l-b-e-í- p-r- c-m-r-r u- l-b-o- ---------------------------------------------- Quiero ir a la librería para comprar un libro.
新聞を 買いに キオスクに 行きたい です 。 Q---ro ir--l -u-o--o-p------m-rar u--per--d-co. Quiero ir al quiosco para comprar un periódico. Q-i-r- i- a- q-i-s-o p-r- c-m-r-r u- p-r-ó-i-o- ----------------------------------------------- Quiero ir al quiosco para comprar un periódico.
メガネ屋に 行きたい です 。 Q-ie-o -r --------i-a. Quiero ir a la óptica. Q-i-r- i- a l- ó-t-c-. ---------------------- Quiero ir a la óptica.
スーパーマーケットに 行きたい です 。 Qui-r--ir-al-sup-r-e----o. Quiero ir al supermercado. Q-i-r- i- a- s-p-r-e-c-d-. -------------------------- Quiero ir al supermercado.
パン屋に 行きたい です 。 Quie-o ir - l---a-----ía. Quiero ir a la panadería. Q-i-r- i- a l- p-n-d-r-a- ------------------------- Quiero ir a la panadería.
眼鏡を 買いたい です 。 Q-iero-com-r-----u-a- ga-a-. Quiero comprarme unas gafas. Q-i-r- c-m-r-r-e u-a- g-f-s- ---------------------------- Quiero comprarme unas gafas.
果物と 野菜を 買いたい です 。 Quie-- --m-rar-f-u-a--y -e---ras. Quiero comprar frutas y verduras. Q-i-r- c-m-r-r f-u-a- y v-r-u-a-. --------------------------------- Quiero comprar frutas y verduras.
プチパンと パンを 買いたい です 。 Q-i-ro ---prar---- y p-ne-ill-s. Quiero comprar pan y panecillos. Q-i-r- c-m-r-r p-n y p-n-c-l-o-. -------------------------------- Quiero comprar pan y panecillos.
眼鏡を 買いに 眼鏡屋に 行きたい です 。 Q--er--ir-- ----p--c- p-ra c---r-r-- -nas g----. Quiero ir a la óptica para comprarme unas gafas. Q-i-r- i- a l- ó-t-c- p-r- c-m-r-r-e u-a- g-f-s- ------------------------------------------------ Quiero ir a la óptica para comprarme unas gafas.
果物と 野菜を 買いに 、 スーパーマーケットに 行きたい です 。 Q-iero-ir -l s---r-er--do p-ra -o--rar f-u--s-- --r-ura-. Quiero ir al supermercado para comprar frutas y verduras. Q-i-r- i- a- s-p-r-e-c-d- p-r- c-m-r-r f-u-a- y v-r-u-a-. --------------------------------------------------------- Quiero ir al supermercado para comprar frutas y verduras.
ロールパンと パンを 買いに 、 パン屋に 行きたい です 。 Q---ro i--- -a--a-a-e-ía -a-- -omp-a----n - -ane-ill-s. Quiero ir a la panadería para comprar pan y panecillos. Q-i-r- i- a l- p-n-d-r-a p-r- c-m-r-r p-n y p-n-c-l-o-. ------------------------------------------------------- Quiero ir a la panadería para comprar pan y panecillos.

ヨーロッパでの少数派言語

ヨーロッパでは、多くの異なる言語が話されている。 そのほとんどは印欧語族の言語だ。 国家の言語以外にも、小さな言語がたくさん存在する。 それらは少数派言語である。 少数派言語は公用語とは区別される。 それらはしかし方言ではない。 少数派言語は、移民の言語でもない。 少数派言語は常に民族的に規定される。 それは、少数派言語が決まった民族グループの言語だという意味だ。 ヨーロッパではほとんどどの国にも少数派言語がある。 それらはEU内に約40存在する。 いくつかの少数派言語は、ひとつの国だけで話される。 たとえば、ドイツでのソルブ語がそれに属する。 それに対して、ロマ語は多くのヨーロッパの国に話者がいる。 少数派言語は特別なステータスをもつ。 というのは、それらは比較的小さなグループのひとつでしか話されない。 このグループは。独自の学校を建てることができない。 独自の文学を出版することも、彼らにとっては難しい。 そのために、多くの少数派言語は消滅危機にさらされている。 EUは少数派言語を保護しようとしている。 というのは、どの言語もひとつの文化やアイデンティティの重要な部分だからだ。 いくつかの国には州がなく、少数民族のみが存在する。 異なるプログラムとプロジェクトが、彼らの言語を促進するべきである。 そのために、小さな民族グループも守るべきだ。 それにもかかわらず、いくつかの少数派言語はまもなく消滅するだろう。 それにはラトヴィアの田舎で話されているリヴォニア語も属する。 リヴォニア語の母国語者は、もうあとわずか20人ほどしかいない。 そのため、リヴォニア語はヨーロッパで最小の言語である・・・。
知っていましたか?
ウルドゥー語はインドイラン言語族に属します。 話されているのはパキスタンといくつかのインドの州です。 ウルドゥー語は約6000万人の母国語です。 パキスタンでは国家言語となっています。 インドでも国の22の公用語として認められています。 ウルドゥー語はヒンディー語と非常に近い関係です。 基本的にはこの両言語はヒンドゥースターニー語の2つの社会方言でしかありません。 これは13世紀から北インドで異なる言語から発生しました。 ウルドゥー語とヒンディー語は今日、2つの互いに関連性のある言語とみなされています。 しかしこれらの言語の話者は、問題なく互いを理解することができます。 明らかに区別されるのは、文字システムです。 ウルドゥー語はペルシャ・アラビア文字のバリエーションで書かれますが、ヒンディー語は違います。 ウルドゥー語は文学言語として大きな意味を持っています。 大きな映画制作会社でもよく使用されています。 ウルドゥー語を学びましょう、それは南アジアの文化へのカギです!