フレーズ集

ja スモール・トーク3   »   es Pequeñas Conversaciones 3

22 [二十二]

スモール・トーク3

スモール・トーク3

22 [veintidós]

Pequeñas Conversaciones 3

翻訳を表示する方法を選択してください:   
日本語 スペイン語 Play もっと
タバコを 吸います か ? ¿-u-a --s--d-? ¿Fuma (usted)? ¿-u-a (-s-e-)- -------------- ¿Fuma (usted)?
昔は 吸って いました 。 A------í. Antes sí. A-t-s s-. --------- Antes sí.
でも 今は もう 吸って いません 。 P-r- a--ra -- no --m-. Pero ahora ya no fumo. P-r- a-o-a y- n- f-m-. ---------------------- Pero ahora ya no fumo.
タバコを 吸っても かまいません か ? ¿-e m-le-ta --e--um-? ¿Le molesta que fume? ¿-e m-l-s-a q-e f-m-? --------------------- ¿Le molesta que fume?
ぜんぜん かまいません よ 。 No, e- a-sol-t-. No, en absoluto. N-, e- a-s-l-t-. ---------------- No, en absoluto.
私は 気になりません 。 N- -e-mol-s--. No me molesta. N- m- m-l-s-a- -------------- No me molesta.
何か お飲みに なります か ? ¿-u--re-(uste---beb-r --go? ¿Quiere (usted) beber algo? ¿-u-e-e (-s-e-) b-b-r a-g-? --------------------------- ¿Quiere (usted) beber algo?
ブランデーは いかが ですか ? ¿Un---ñac? ¿Un coñac? ¿-n c-ñ-c- ---------- ¿Un coñac?
いえ 、 ビールが いいです 。 N-,--ref---o un--ce--ez-. No, prefiero una cerveza. N-, p-e-i-r- u-a c-r-e-a- ------------------------- No, prefiero una cerveza.
よく 旅行を します か ? ¿-i--a-(u-te-)-m--ho? ¿Viaja (usted) mucho? ¿-i-j- (-s-e-) m-c-o- --------------------- ¿Viaja (usted) mucho?
はい 、 たいていは 出張 です 。 S-, --r--eg-c-o---- -ay---a----las--ece-. Sí, por negocios la mayoría de las veces. S-, p-r n-g-c-o- l- m-y-r-a d- l-s v-c-s- ----------------------------------------- Sí, por negocios la mayoría de las veces.
でも ここへは 休暇で 来て います 。 Pe-o--ho-a-e-tam-- a-u- d- vaca-ion-s. Pero ahora estamos aquí de vacaciones. P-r- a-o-a e-t-m-s a-u- d- v-c-c-o-e-. -------------------------------------- Pero ahora estamos aquí de vacaciones.
なんていう 暑さ でしょう ! ¡Q-é------! ¡Qué calor! ¡-u- c-l-r- ----------- ¡Qué calor!
ええ 、 今日は 本当に 暑い です 。 Sí, --y------re--m-n-- -u-h-----o-. Sí, hoy hace realmente mucho calor. S-, h-y h-c- r-a-m-n-e m-c-o c-l-r- ----------------------------------- Sí, hoy hace realmente mucho calor.
バルコニーへ 行きましょう 。 S-----o--al ----ón. Salgamos al balcón. S-l-a-o- a- b-l-ó-. ------------------- Salgamos al balcón.
明日 、 ここで パーティーが あります 。 Aq-í-h-br--un---i---a-m-ñ---. Aquí habrá una fiesta mañana. A-u- h-b-á u-a f-e-t- m-ñ-n-. ----------------------------- Aquí habrá una fiesta mañana.
あなたも 来ますか ? ¿V--nen us-e-es--am-i--? ¿Vienen ustedes también? ¿-i-n-n u-t-d-s t-m-i-n- ------------------------ ¿Vienen ustedes también?
ええ 、 私達も 招待 されて います 。 S-----s--r-- / n-----as -a---én-e---m-s -nv-t--os-/ ----ta---. Sí, nosotros / nosotras también estamos invitados / invitadas. S-, n-s-t-o- / n-s-t-a- t-m-i-n e-t-m-s i-v-t-d-s / i-v-t-d-s- -------------------------------------------------------------- Sí, nosotros / nosotras también estamos invitados / invitadas.

言語と文字

どの言語も人と人との意思の疎通に役立つ。 我々は話すとき、何を考え、感じているかを表現する。 その際、言語の規則はいつもは守られていない。 我々は独自の言語、つまり口語を用いる。 書き言葉では違う。 ここでは言語すべての規則が用いられる。 文字は言語を本物の言語にするのである。 文字は言語を可視化する。 文字によって知識は千年紀を超えて伝えられていく。 そのため文字はどの発展した文化の基礎でもある。 最初の文字は5000年以上前に考えだされた。 それはシュメール人のクサビ文字だった。 クサビ文字は粘土板に刻まれた。 このクサビ文字は3000年もの間使われていた。 同じくらい長い間、古代エジプト人の神聖文字が存在する。 数えきれないほどの学者がそれを研究した。 神聖文字はかなり複雑な文字システムをもつ。 しかし、考えだされたのはおそらく非常に簡単な理由からだろう。 当時のエジプトは多くの住民を抱えた巨大な帝国だった。 日常、とりわけ経済はオーガナイズされなければならなかった。 税金や精算は効率的に管理される必要があった。 そのために古代エジプト人は文字を考案したのである。 アルファベット式の文字システムは、それに対してシュメール人に起因する。 どの文字も、それを使用する人々について多くを表している。 それ以外にも、どの国家も独自の性質を文字に含む。 残念ながら手書き文字はどんどん失われている。 近代技術は、手書きをほとんど不要にしている。 そう、話すだけではなく、再び書きましょう!
知っていましたか?
カンナダ語はドラヴィダ語族に属します。 これらは主に南インドで話されています。 北インドのインド・アーリア語族とはカンナダ語は親戚関係にはありません。 約4000万人がカンナダ語を母国語としています。 インドの22の国家言語の一つとして認められています。 カンナダ語は膠着語です。 つまり、文法的な機能が接辞によって表現されるということです。 この言語は4つの地域的な方言グループに分けられます。 しかし話すことで分かるのは、話者がどこの出身かということだけではありません。 話す言語によって、どの社会階級に属するかも分かります。 話し言葉と書き言葉には大きな違いがあります。 多くの他のインドの言語と同じく、カンナダ語も独自の文字を持ちます。 これはアルファベットと仮名の混合です。 南インドの文字では典型的な、多くの丸い文字によって成り立っています。 そしてこれらの美しい文字を学ぶことは、本当に楽しいことです・・・