フレーズ集

ja 助詞の過去形1   »   es Pretérito de los verbos modales 1

87 [八十七]

助詞の過去形1

助詞の過去形1

87 [ochenta y siete]

Pretérito de los verbos modales 1

翻訳を表示する方法を選択してください:   
日本語 スペイン語 Play もっと
私達は 花に 水を やらねば なりません でした 。 (-o-ot-os------otr-s---uvim-s---e--e-ar---s p-antas. (Nosotros / nosotras) Tuvimos que regar las plantas. (-o-o-r-s / n-s-t-a-) T-v-m-s q-e r-g-r l-s p-a-t-s- ---------------------------------------------------- (Nosotros / nosotras) Tuvimos que regar las plantas.
私達は アパートを 掃除せねば なりません でした 。 Tuvimo- -ue ---e--r--l p--o. Tuvimos que ordenar el piso. T-v-m-s q-e o-d-n-r e- p-s-. ---------------------------- Tuvimos que ordenar el piso.
私達は 食器を 洗わねば なりません でした 。 T--im-s --e l-v-- -------t-s. Tuvimos que lavar los platos. T-v-m-s q-e l-v-r l-s p-a-o-. ----------------------------- Tuvimos que lavar los platos.
君達は 請求書を 払わなくては ならなかった の ? ¿(V-s----- ---o-ot-as- -----t-i--qu-----ar-la-cu-n-a? ¿(Vosotros / vosotras) tuvisteis que pagar la cuenta? ¿-V-s-t-o- / v-s-t-a-) t-v-s-e-s q-e p-g-r l- c-e-t-? ----------------------------------------------------- ¿(Vosotros / vosotras) tuvisteis que pagar la cuenta?
君達は 入場料を 払わなくては ならなかった の ? ¿T-v--teis -ue -a----en---da? ¿Tuvisteis que pagar entrada? ¿-u-i-t-i- q-e p-g-r e-t-a-a- ----------------------------- ¿Tuvisteis que pagar entrada?
君達は 罰金を 払わなくては ならなかった の ? ¿T-v---ei----e p-g-r--n- -u---? ¿Tuvisteis que pagar una multa? ¿-u-i-t-i- q-e p-g-r u-a m-l-a- ------------------------------- ¿Tuvisteis que pagar una multa?
別れを 告げねば ならなかった のは 誰です か ? ¿---én --vo q-e d------r--? ¿Quién tuvo que despedirse? ¿-u-é- t-v- q-e d-s-e-i-s-? --------------------------- ¿Quién tuvo que despedirse?
早く 家に 帰らねば ならなかった のは 誰です か ? ¿Qui-n t-vo --e i--e pr-nto----a--? ¿Quién tuvo que irse pronto a casa? ¿-u-é- t-v- q-e i-s- p-o-t- a c-s-? ----------------------------------- ¿Quién tuvo que irse pronto a casa?
列車で 行かねば ならなかった のは 誰です か ? ¿Quién tu-- ----c-ger ---o--r-(a--- el--r-n? ¿Quién tuvo que coger / tomar (am.) el tren? ¿-u-é- t-v- q-e c-g-r / t-m-r (-m-) e- t-e-? -------------------------------------------- ¿Quién tuvo que coger / tomar (am.) el tren?
私達は あまり 長く とどまる つもりは ありません でした 。 (----tro--- n-s--r-s) -o-q-e-í--os qued-rn----u--o -ato. (Nosotros / nosotras) no queríamos quedarnos mucho rato. (-o-o-r-s / n-s-t-a-) n- q-e-í-m-s q-e-a-n-s m-c-o r-t-. -------------------------------------------------------- (Nosotros / nosotras) no queríamos quedarnos mucho rato.
私達は 何も 飲みたく ありません でした 。 N- ---rí---s --m-r--ada. No queríamos tomar nada. N- q-e-í-m-s t-m-r n-d-. ------------------------ No queríamos tomar nada.
私達は 邪魔する つもりは ありません でした 。 N- -u-rí-mo- mo-e-ta-. No queríamos molestar. N- q-e-í-m-s m-l-s-a-. ---------------------- No queríamos molestar.
ちょうど 電話を したかった ところ です 。 (-o) s-l---u-r-- --c-r u-a----ma-a. (Yo) sólo quería hacer una llamada. (-o- s-l- q-e-í- h-c-r u-a l-a-a-a- ----------------------------------- (Yo) sólo quería hacer una llamada.
タクシーを 呼ぶ つもり でした 。 Q--rí--p-di- un ----. Quería pedir un taxi. Q-e-í- p-d-r u- t-x-. --------------------- Quería pedir un taxi.
なぜなら 運転して 家に 帰りたかった ので 。 E- --e-qu-r-a -rm- - ---a. Es que quería irme a casa. E- q-e q-e-í- i-m- a c-s-. -------------------------- Es que quería irme a casa.
あなたが 奥さんに 電話する ものだと 、 私は 思って いました 。 Pen-aba-q-e -ue--a------a--- t- -sp--a. Pensaba que querías llamar a tu esposa. P-n-a-a q-e q-e-í-s l-a-a- a t- e-p-s-. --------------------------------------- Pensaba que querías llamar a tu esposa.
あなたは 案内サ-ビスに 電話する ものだと 、 私は 思って いました 。 P-n---a-que que-ía- -----r --I-fo--aci--. Pensaba que querías llamar a Información. P-n-a-a q-e q-e-í-s l-a-a- a I-f-r-a-i-n- ----------------------------------------- Pensaba que querías llamar a Información.
あなたは ピザを 注文する つもり だと 、 私は 思って いました 。 Pe---b--q-e q---í-s----ir-un- -i---. Pensaba que querías pedir una pizza. P-n-a-a q-e q-e-í-s p-d-r u-a p-z-a- ------------------------------------ Pensaba que querías pedir una pizza.

大きな文字、大きな感情

広告では多くの写真が表示されている。 写真は我々の特別な興味を呼び起こす。 我々はそれを、文字よりも長時間、より集中的にながめる。 それによって、我々は写真が表示されている広告を、よりよく思い出せる。 写真はまた、強い感情的反応を引き起こす。 写真は脳によってとても素早く認識される。 脳はすぐに、写真に何が載っているかを知る。 文字は写真とは違って機能する。 文字は抽象的なシンボルだ。 そのため、脳は文字にはゆっくり反応する。 脳はまず言葉の意味を理解しなければならない。 シンボルは言語脳によって訳されなければならないといえる。 しかし文字でもまた人は感情を呼び起こすことができる。 そのためには、テキストを単に大きく印刷しなくてはならない。 研究によって、大きな文字はまた大きな作用があると示されている。 大きな文字は、小さな文字より目立つだけではない。 それらはより強い感情的反応を発生させる。 それはポジティブな感情にもネガティブな感情にもいえる。 物の大きさは人にとってつねに重要だ。 危険には人は素早く反応しなくてはならない。 そして何かが大きいと、たいていそれはすでに非常に近くにある! 大きな写真が強い反応を起こすのは、当然である。 あまり明らかになっていないのは、我々がなぜ大きな文字にも反応するかである。 文字は本当は脳へのシグナルではない。 それにもかかわらず、大きな文字を見ると脳はより強い活動を示す。 学者たちにとっては、この結果は非常に興味深い。 それは文字が我々にとってどれほど大切になったかを示している。 脳はどうにかして文字に反応することを学んだのだ・・・。