フレーズ集

ja 助詞の過去形2   »   es Pretérito 2

88 [八十八]

助詞の過去形2

助詞の過去形2

88 [ochenta y ocho]

Pretérito 2

翻訳を表示する方法を選択してください:   
日本語 スペイン語 Play もっと
私の 息子は 人形では 遊びたがりません でした 。 Mi hi-- ---qu---a--u----co---- -uñe-a. Mi hijo no quería jugar con la muñeca. M- h-j- n- q-e-í- j-g-r c-n l- m-ñ-c-. -------------------------------------- Mi hijo no quería jugar con la muñeca.
私の 娘は サッカーを したがりません でした 。 Mi-h--a no-qu--í- -u-a- al --tb-l. Mi hija no quería jugar al fútbol. M- h-j- n- q-e-í- j-g-r a- f-t-o-. ---------------------------------- Mi hija no quería jugar al fútbol.
妻は 、 私とは チェスを したがりません でした 。 Mi-e--o-- -o-q-e--- j---r c-nm--- al a--dre-. Mi esposa no quería jugar conmigo al ajedrez. M- e-p-s- n- q-e-í- j-g-r c-n-i-o a- a-e-r-z- --------------------------------------------- Mi esposa no quería jugar conmigo al ajedrez.
子供達は 、 散歩を したがりません でした 。 Mis h--o--n--q-e-ía--da- -----s-o. Mis hijos no querían dar un paseo. M-s h-j-s n- q-e-í-n d-r u- p-s-o- ---------------------------------- Mis hijos no querían dar un paseo.
彼らは 部屋を 掃除したくなかったの です ね 。 N--qu-r----or-e-ar-la-h-b-ta-i--. No querían ordenar la habitación. N- q-e-í-n o-d-n-r l- h-b-t-c-ó-. --------------------------------- No querían ordenar la habitación.
彼らは 寝に 行きたくなかったの です ね 。 No -u--í-n -r-- - ca-a. No querían irse a cama. N- q-e-í-n i-s- a c-m-. ----------------------- No querían irse a cama.
彼は アイスを 食べては いけません でした 。 Él-n--p-d---/ d---a------ --l-d-s. Él no podía / debía comer helados. É- n- p-d-a / d-b-a c-m-r h-l-d-s- ---------------------------------- Él no podía / debía comer helados.
彼は チョコレートを 食べては いけません でした 。 N---o----/--e------m-r ---co-a-e. No podía / debía comer chocolate. N- p-d-a / d-b-a c-m-r c-o-o-a-e- --------------------------------- No podía / debía comer chocolate.
彼は キャンディーを 食べては いけません でした 。 N- ----- / deb---c--er---r----o-. No podía / debía comer caramelos. N- p-d-a / d-b-a c-m-r c-r-m-l-s- --------------------------------- No podía / debía comer caramelos.
私は 何か 望んでも 良かったの です 。 Pud---ed-r un---s-o. Pude pedir un deseo. P-d- p-d-r u- d-s-o- -------------------- Pude pedir un deseo.
私は 自分に ドレスを 買うことが でき ました 。 P-de -o------u--v--t-d-. Pude comprar un vestido. P-d- c-m-r-r u- v-s-i-o- ------------------------ Pude comprar un vestido.
私は チョコレートを もらうことが でき ました 。 P-de-coge-----bombó-. Pude coger un bombón. P-d- c-g-r u- b-m-ó-. --------------------- Pude coger un bombón.
あなたは 飛行機の 中で タバコを 吸っても 良かったの です か ? ¿---i--e ---a- en e----i--? ¿Pudiste fumar en el avión? ¿-u-i-t- f-m-r e- e- a-i-n- --------------------------- ¿Pudiste fumar en el avión?
あなたは 病院で ビールを 飲んでも 良かったの です か ? ¿Pu-is-e ------cerve-- e---- hospi-al? ¿Pudiste beber cerveza en el hospital? ¿-u-i-t- b-b-r c-r-e-a e- e- h-s-i-a-? -------------------------------------- ¿Pudiste beber cerveza en el hospital?
あなたは 犬を ホテルに 連れて 行っても 良かったの です か ? ¿P-d-ste-l-e-ar-al-------c--t-g- a- --t--? ¿Pudiste llevar al perro contigo al hotel? ¿-u-i-t- l-e-a- a- p-r-o c-n-i-o a- h-t-l- ------------------------------------------ ¿Pudiste llevar al perro contigo al hotel?
休暇中 、 子供達は 遅くまで 外に いることが 許されて いました 。 D-r-nt- -a- vac-c-ones-los-n-ño- po--a- ---ar-afuera -a--- -a-d-. Durante las vacaciones los niños podían estar afuera hasta tarde. D-r-n-e l-s v-c-c-o-e- l-s n-ñ-s p-d-a- e-t-r a-u-r- h-s-a t-r-e- ----------------------------------------------------------------- Durante las vacaciones los niños podían estar afuera hasta tarde.
彼らは 長時間 、 中庭で 遊ぶことが 許されて いました 。 E-los-/ el-a- p-d--n --g-r -----te -u--- r--o e- el pa-io. Ellos / ellas podían jugar durante mucho rato en el patio. E-l-s / e-l-s p-d-a- j-g-r d-r-n-e m-c-o r-t- e- e- p-t-o- ---------------------------------------------------------- Ellos / ellas podían jugar durante mucho rato en el patio.
彼らは 、 遅くまで 起きていることを 許されて いました 。 E-los /--l-a- po-í-n-a--s---se-t---e. Ellos / ellas podían acostarse tarde. E-l-s / e-l-s p-d-a- a-o-t-r-e t-r-e- ------------------------------------- Ellos / ellas podían acostarse tarde.

忘れることへのヒント

学習はいつも簡単ではない。 たとえ楽しくても、骨が折れることもある。 しかし何かを学ぶと、楽しい。 我々は自身とその進歩を誇りに思う。 残念ながら、学んだことはまた忘れられることがある。 特に言語ではそれがしばしば問題だ。 我々のほとんどは、学校でひとつか複数の言語を学ぶ。 学校時代のあとはこれらの知識はだいたい消滅する。 我々はその言語をもうまったく話せない。 日常はほとんど母国語が独占している。 多くの外国語は、休暇でしか使われない。 しかし定期的に活性化されない知識は消えていく。 脳はトレーニングを必要とする。 脳は筋肉のように機能するといえるだろう。 この筋肉は動かされなくてはならない。さもないと弱くなる。 しかし忘れることを避ける方法もある。 もっとも大切なのは、学んだことをどんどん使うことだ。 その際に固定化した儀式が助けになる。 異なる一週間の曜日に、ちょっとしたプログラムを計画できる。 月曜日にはたとえば外国語の本を読む。 水曜には外国のラジオ放送を聞く。 金曜には外国語で日記を書く。 この方法で、読む、聞く、書くを変えられる。 それによって知識は異なる方法で活性化される。 この練習はすべて、長時間続ける必要はない。30分で十分だ。 しかし大切なのは、定期的に練習することだ! 研究によって、一度学んだことは何十年も脳内にとどまることが示されている。 つまり、それは再び引き出しから出されなくてはならない・・・。